2013-07-01

フランスの大統領とドイツの首相は、米国に抗議!

BBC Nesは、フランスとドイツのリーダーは、ヨーロッパの大使館が悩まされたという主張に関して、米国を非難したと報告した。

フランスのフランソワ・オランド大統領(French President Francois Hollande)は、それが「直ちに止まるに違いないし」、その一方でドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel )首相のスポークスマンが、「友達の盗聴は承諾しがたい」と言った、と伝えた。

米国国務長官ジョン・ケリー(US Secretary of State John Kerry)は、国家安全保障を保護する活動が国際関係において「異常ではなかった(not unusual)」と以前に言った。

EUの高官は、事柄が重い貿易協定を危険にさらすかもしれないと警告した。

貿易協定に関する会談の第一ラウンドは、今までで最大の相互取り引きで交渉するために、2013年07月08日にワシントンDCでスタートする予定になっている。

アンゲラ・メルケル首相のスポークスマンシュテッフェン・ザイベルト(Chancellor Angela Merkel's spokesman, Steffen Seibert)は、ドイツは取り引きが進むことを望んだが、「その前に、相互信頼が合意に達することが必要である。」と、言った。

EUの使命を悩ます米国のセキュリティー・サービスの主張および、フランスの大使館(French embassies)、イタリアの大使館(Italian embassies)およびギリシャの大使館(Greek embassies)を含む、親しみのあるヨーロッパ諸国の大使館は、見たところでは、前CIAアナリストによって漏らされたドキュメントから明らかにされた。

エドワード・スノーデン(Edward Snowden)は、国有財産の窃盗、国防情報の無許可のコミュニケーションおよび分類された通信情報の故意のコミュニケーションで米国で告発された。

しかし、その訴えた米国政府は、出歯亀で、情報を盗んでいた。

エドワード・スノーデンはモスクワの空港にあると考えられ、米国の権威による遂行から安全な目的地を求めている。

フランスとドイツの緑党は、スノーデンに収容所を提供するように政府に要求した。

ドイツのグリーン党首ヨーガン・トリッテン(Juergen Trittin, leader of Germany's Greens)が「彼を誰かが保護されるべきです。」
「ヨーロッパの市民および会社に対する大規模な攻撃を明らかにすることにより、私たちにサービスをもたらしたので、彼は、ここヨーロッパの安全避難所を得るべきです。ドイツは、ヨーロッパの一部として、それをすることができました。」
と言った。

それは当然だ!
彼の活動がなければ、まだ今も盗まれ続けている!

誰かに、エドワード・スノーデンと、米国政府のどちらが信じられるかと言う問いをしたら、その答えは100対0かもしれない。

にもかかわらず、米国政府は信用できるエドワード・スノーデンを捕まえようとしている。

こんな矛盾が、国際的に許されるはずがない!

緑の党リーダーは銀行口座振替および乗客レコード情報の交換について、既存の米国-EU合意(US-EU agreements)を取り消するようにさらに要求した。

EUの外交政策チーフのキャサリン・アシュトン(EU's foreign policy chief Catherine Ashton)は、ブルネイのケリーとの会合で、報告に対する懸念を投げかけた。

彼は、イギリスの新聞ガーディアン(Guardian)とドイツの週刊誌シュピーゲル(Der Spiegel)によって週末に公表されて、主張の真実を知らなかったと言った。

しかし、彼は記者会見で、
「国家安全保障の国際関係に従事している世界のすべての国は、その国家安全保障を保護する多くの活動およびすべての種類の情報がそれに寄与することを保証します。」
「また、私が知っているのは、それが多くの国家にとって異常ではないということです。しかし、それを越えて、事実をすべて持ち、状況は何か正確に知るまで、私はそれ以上コメントするつもりでありません。」と言った。

こんな曖昧で、逃げる米国国務長官は、米国が解任すべきである。
米国国務長官は、世界が求めるヒラリー・クリントンでなければならない!

ヨーロッパのリーダーは主張中の米国管理からより詳細を要求した。

イタリアの外務大臣エマ・ボニーノ(Foreign Minister Emma Bonino)は、ローマが「非常に困難な出来事の解明を要求した。」と言った。

2013-06-17---EUと米国の史上「最大取引協定。」
2013-06-22---米国は、NSAの漏洩でエドワード・スノーデンをスパイ行為で起訴。
2013-06-23---米国が私たちの時代で最大の悪漢であることが判明。
2013-06-29---米国はEUをハッキング!
2013-07-01---スノーデンの漏洩で、EUが答えを求め、米国はクレームに悩む!