2013-07-01

スノーデンの漏洩で、EUが答えを求め、米国はクレームに悩む!

BBC Newsは2013年07月01日に、フランス、ギリシャ、イタリアは、イギリスの新聞「ガーディアン(Guardian)」で漏らされた最新のファイルによって、米国のオペレーションがひそかに調査することが「目標」であったことを明らかにしたと報告した。

NSA(National Security Agency/国家安全保障局)によるドキュメントを引用して、それは、アメリカの非ヨーロッパの同盟国も対象とされたと言った。

つまり、日本もターゲットであったことが明らかになった。

そのクレームは、EUのオフィスが悩まされたと述べているドイツの雑誌「シュピーゲル(Der Spiegel)」による報告に続いた。

EUのリーダーは米国からの説明を要求した。

逃亡者で、前CIAアナリストのエドワード・スノーデン(Fugitive ex-CIA analyst Edward Snowden)がドキュメントを漏らしたと言われている。

CIAとNSAの元契約者スノーデンは、それ以来エクアドルに収容所を要請した。

米国政府当局が彼のパスポートを取り消した後、彼はモスクワの空港で孤立状態で、現在ロシアにいる。

シュピーゲル中の主張に応じて、EUの高官、フランスおよびドイツは、アメリカとの関係が悪化するかもしれないと警告した。

NSAは、国々が深く関わり合って、米国政府が外交ルートと議論を通して答えるだろうと言った。

つまり、米国政府がNSAの盗聴を承認していたことになる。

ガーディアンに漏らされた2010年の秘密書類によれば、概して、38の大使館および使命がNSAによって「目標」と評された。

新聞は、ファイルが電子通信に注入されたバグを含み、ケーブルおよび専門のアンテナの使用法を利用し、スパイ行為をする方法の「異常な範囲」の詳細を提供すると述べている。

その報告は、ワシントンのイタリア大使館と同様に、国連、フランス、ギリシャの使命に対すると主張されたオペレーションのコード名を伝えた。

報告は、目標のリストが、さらに「日本、メキシコ、韓国、インドおよびトルコを含む多くの他のアメリカの同盟国。」含んでいる。

ガーディアンは、さらに2007年からの別の漏らされた報告書を引用した。
それは、ワシントンのEUの使命の暗号化されたファックスにバグが置かれたと言った。

NSAからさらに来たと言うシュピーゲルによって引用されたドキュメントによれば、その機関は、ワシントンで、ニューヨークの国連のオフィス、および27メンバーのブロックのEUの内部コンピューター・ネットワーク上でスパイ行為をした。

日曜日に、フランスの外務大臣ローラン・ファビウス( French Foreign Minister Laurent Fabius)は、もし確認されれば活動が「全く承諾しがたいだろう」と言いました。

ドイツの司法大臣サビニLeutheusser-Schnarrenbergerは、申し立てられた米国の行動が「冷戦中に敵によって使用される方法を思い出す。」と言った。

欧州議会プレジデントマーティン・シュルツ(president of the European Parliament, Martin Schulz)は、どんなにそのようにスパイ行為をすることもEUと米国の間の結束に「厳しい影響」を及ぼすかもしれないと警告した。

貿易交渉で重要な役割を果たすEC(European Commission/欧州委員会)は、申し立てを調査してくれるように公式にワシントンに依頼した。

米国がスパイとして追い掛けているエドワード・スノーデンは、米国以外で英雄で、米国が世界中から、スパイ犯罪者に指定された。

つまり、米国の常識は、同盟国を裏切る世界の非常識であった。

2013-06-29---米国はEUをハッキング!
2013-06-27---ミドルネームは、何ですか?スノーデンのフライトが出航した。
2013-06-26---エドワード・スノーデンのABCカルタ。
2013-06-25---エクアドルの外務大臣は、スノーデンがどこにいるか知らないと言った。
2013-06-24---エクアドルの外務大臣、エドワード・スノーデンの収容で記者会見。
2013-06-23---米国が私たちの時代で最大の悪漢であることが判明。
2013-06-23---エドワード・スノーデンは、モスクワ飛行で香港を去った。
2013-06-22---米国は、NSAの漏洩でエドワード・スノーデンをスパイ行為で起訴。
2013-06-22---アメリカの有名な情報漏洩の歴史。
2013-06-20---Wikileaksのアサンジは、スノーデンに付いた。
2013-06-17---イギリスのスパイは、外国の外交官を盗聴。
2013-06-17---エクアドルは、ジュリアン・アサンジの亡命を認め続ける。
2013-06-16---米国NSAは「300未満の通話で調査しました。」
2013-06-15---Facebookは、NSAのデータ・リクエストの詳細を明らかにした。
2013-06-10---香港はエドワード・スノーデンを保護できたか?
2013-05-27---非常識な日本の政治家、その発言で謝罪。
2013-05-25---橋下徹大阪市長、米国の売春宿発言に謝罪。
2013-05-23---ソフトバンクは、セキュリティ管理者、米国政府による拒否権を提示。
2013-05-17---米国判断、橋下徹大阪市長の性的奴隷発言は「法外。」
2013-05-14---大阪市長橋下徹、「慰安婦は必要でした。」発言で、世界中で爆発!
2012-12-13---議論された島の上で、中国の飛行機に、日本の戦闘機がスクランブル!
2012-11-12---中国、ダライ・ラマが日本の右翼と提携したと非難!
2012-11-09---そんなに日本が嫌いなら、中国人は即席めんを食うな!
2012-11-06---中国即席めん業界の大手、日系資本絡みで大戦争。
2012-11-01---中国の見解!新しいリーダーに、「私が望むこと」
2012-10-19---今度は、中国が東シナ海で、海軍の練習を行なう。
2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。
2012-10-12---「沖縄中国論」を主張する中国の強硬派。
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。
2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!
2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。
2012-09-16---中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!
2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。
2012-09-12---中国-日本列島問題で、米国が両国に頭を冷やすように要請!
2012-09-10---日本は、議論された島を購入する計画を確実にした。
2012-09-05---日本政府は、問題の島を「買うべき取り引きに達した。」
2012-05-16---中国と日本が、問題の諸島について議論。
2012-04-17---石原慎太郎東京都知事の思いつき発言に日本政府困惑!