2013-07-01

ブラジル・コンフェデレーションズカップ決勝戦は、先に警察とデモ隊が衝突!

BBC Newsは、ブラジルの抗議者は、リオデジャネイロで主催国ブラジルとスペインの間のコンフェデレーションズカップ決勝中に警察と衝突したと報告した。

抗議者がマラカナ・フットボール競技場(Maracana football stadium)の近くでミサイルを投げたとともに、機動隊は催涙ガスを発射した。

ブラジルのジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領は、決勝戦に参加しなかった。

こんなことが、過去にあったのだろうか?

彼女はトーナメントの初めにやじられた。

その抗議は輸送航空運賃上昇によって口火を切られて、ほぼ1か月前にスタートしたが、速く他の多くを包含した。
さらに、ジルマ・ルセフ大統領が、抗議を賞賛し、火を煽った〜!

主な抗議は、ワールドカップ、腐敗、およびよりよい健康、教育および輸送の需要を行なうコストに関連していた。

日曜日午前に、抗議者のグループが、RioのCBF(Brazilian Football Association/ブラジル・サッカー協会)のビルを襲撃しようとした。

しかし、警察はそれらを後退させ、維持した。
また、グループは建物の外で解散した。

抗議者は、不適当で非難されたホセ・マリア・マリンCBFプレジデント(CBF president Jose Maria Marin)に辞職を要求した。

数千人もの抗議者が、ドラムを打ちながらマラカナ・フットボール競技場に向かって行進した。

彼らは自由な公共交通機関を要求し、ビラ「Fifa - you pay the bill」を撒いた。

抗議者はさらに腐敗とRio州知事の辞職を要求し、終了した。

ゲームが始まった数分前に、抗議者の小集団は警察ラインに岩と爆竹を投げつけた。

治安部隊は催涙ガスで答えて、抗議者を分散させるために外装した乗り物を送った。

決勝戦はブラジルが3-0でスペインに勝った。

抗議の波は、バス料金が10%増加された後、ほぼ1か月前に都市サンパウロで始まった。

しかし、高圧的な軍隊治安活動の後、それは他の都市および動員された世論へ広がった。

サンパウロおよび他の多くのブラジルの都市の上昇は2週間の抗議の後に沈静化した。

その時までに、デモンストレーションは、よりよい教育、ヘルスケアおよび輸送のための全国的な移動へ変わった。

このような要求では、政府はむやみに弾圧できない。

2013-06-21---ブラジルのデモは、100万以上が参加し、100都市に拡大。
2013-06-19---ブラジルで、大統領が抗議を賞賛した後、ブラジルは衝突した。
2012-11-23---リオのマラカナ競技場で最初の試合は、イギリス対ブラジル?!
2011-10-29---ブラジルの2014ワールドカップは、1950年をリコール!
2011-09-16---ブラジルは2014年のワールドカップ・カウントダウンを開始!
2011-06-30---リオのオリンピックで追い出されるリオの貧民街の貧乏人。
2011-06-20---ブラジル警察は、リオのスラム街を占領!

リオデジャネイロのマラカナ・フットボール競技場(Rio de Janeiro's Maracanã football stadium)のGoogle Earthポインター情報
22°54'43.79"S,43°13'48.70"W
または、
-22.912164, -43.230194