2013-07-01

日本の景況感は肯定的。

BBC Newsは2013年07月01日に、日本銀行が2013年07月01日に発行した日銀短観からの情報として、日本のメーカーの感傷はほぼ2年で初めて肯定的になッたと報告した。

大手メーカーのインデックスは前四半期のマイナスの8から4月〜6月の時期にプラスの4まで上昇した。

大手メーカーは、現在の会計年度中に資本投資を増額することをさらに計画すると、その調査が示した。

その停滞経済の成長に拍車をかけようとするために、日本は最近の数カ月に侵略的な動きを明らかにした。

アナリストは、調査の結果が政策がインパクトを持ち始めていることを示したと言った。

東京の農林中金総合研究所のチーフエコノミスト南武志(Takeshi Minami, chief economist at Norinchukin Research Institute in Tokyo)は、「大手日本メーカーの間で、相殺された最近の市場混乱以上に短観は円安および安定した景気回復の期待を確認した。」
「工業生産はゆっくり上昇しています。輸出品は徐々に回復しており、公共工事がより強く現われると予想されます。また、来年の売上税の引き上げは今年後半最後の瞬間に買いラッシュを刺激するでしょう。これらの肯定的な要因はすべて、Abenomics」の影響と一緒に、日本の会社に有望です。」と言った。

日本の政策決定者が過去の少数上に取った手段中として、数カ月は、2%までそのインフレ・ターゲットを2倍にすると、中央銀行が決定した。

地域の他の多くの国々と異なり、日本は、過去20年間の最良の部分で、低下する消費者価格(すなわちデフレ)と戦っている。

ビジネスと消費者はよりよい取り引きの後で、得ることを望んで購入を延期する傾向があるとともに、それは国内消費を傷つけた。

デフレと戦い、かつ経済全般を促進する試みで、日本銀行は国内の通貨供給量を2倍にした。

その考えはシステムに、より多くのお金を注ぎ込んでいたまま、低金利と結び付けられて、ビジネスと消費者は、費やすべき、より多くの現金を持つことになる。
また、それは、価格と同様に要求もにも拍車をかけるのを支援する。

その動きは邦貨に重要な影響を及ぼしている。

円は、昨年11月以来ずっと米ドルに対してほぼ25%安くなった。

アナリストは、それが外国のバイヤーのために、それらの品物をより手頃にするとともに、円の弱さがメーカーの感傷を押し上げる中で、特に輸出者の主要因の1つであると言った。

それらが家へ戻る外国の所得を本国へ送還する場合、円安はさらにそれらの所得を押し上げた。

「大企業の感傷における改良は、円虚弱で輸出品を支援し、回復する経済によって大部分は全体として運転されました」とニッセイ基礎研究所の経済調査部門主任研究員斎藤太郎(Taro Saito, director of economic research as NLI Research Institute)が、
「大きなメーカーの今会計年度のドルに対して想定する円為替レートは、市場相場よりさらに強い。したがって、今会計年度のそれらの収益見通しが改良されるという可能性があります。」と言った。

最新の調査は、現在の会計年度への投資のレベルを押し上げることを会社が計画していることを示唆した。

何人かのアナリストは、会社の利益が上昇するのを見るとともに費やすべき、より多くの現金を持つだろうと言った。

富士通研究所のマーティン・シュルツ(Martin Schulz from Fujitsu Research Institute)は、大企業からの投資拡大が日本経済の回復をさらに支援するだろうと言った。

「今ちょうど、経済は円安および成長押し上げの可能性によって促進されます」
「しかし、一旦会社が費やし始めれば、それは経済への実際の衝撃を見る時です。」とマーティン・シュルツがBBCに伝えた。

彼は、投資拡大は仕事を生み出しただけでなく、給料が消費者に増え、より多くの購買力を与えて上昇するのを見ると言った。

「それは回復過程を恐ろしく支援します。」と彼が言った。

地震の後、少し経ってから、世界の経済で、他の国と違い、原因が明確な日本は、その原因を潰すことで回復できると指摘してきたが、ついに成功したようである。

今、中国や韓国の言うことを聞いて、世界経済を煽動し始めた日本たたきをすると先進国経済は、先が見えなくなる。

2009-05-26---米国で隠された「巨大金鉱」の可能性!
2009-09-07---日本企業の反撃はあるか?
2009-10-29---任天堂が、6期ぶり減益へ。
2010-01-05---自動車産業、総崩れ!
2010-09-15---日本が円高を食い止めるために動いた!
2010-10-29---ソニーが2003年のソニーショックから、回復した!
2011-05-11---電力難受け、海外脱出を検討する日本企業!
2012-02-23---次の世界経済危機の爆弾は、「日本!?」
2012-03-12---日本中核機械受注は、期待された以上にジャンプ!
2012-03-15---日本円は米ドルに対して11か月ぶりに、最低値に達した。
2012-05-25---より高い燃料費によって、日本消費者価格上昇に拍車がかかった。
2012-11-15---野田佳彦首相の解散宣言を受け、円安、日本株は独歩高。
2012-11-16---野田佳彦首相が来月総選挙に先立ち、議会を解散した。
2013-01-08---日系企業のベトナム投資が拡大!
2013-01-24---円安による、中国企業への影響。
2013-01-30---円安加速で日韓企業の利益に明暗。
2013-02-01---米国や日本などの金融緩和策で通貨安競争の恐れ!
2013-02-01---シャープ、営業黒字に復帰!
2013-02-03---日米欧、新興国など主要15市場の株価指数はすべて上昇。
2013-02-08---ソニーの株価は、損失を報告した後に10%の大幅下落。
2013-02-12---北朝鮮の核実験で、アジア市場はどう動いたか!?
2013-02-18---イギリスの£は、ドルとユーロに対して弱まり続けている。
2013-02-18---G20ステートメントで、円安の希望に火を付け、日本の株価は上昇。
2013-03-07---中国政府系ファンド、「日本が通貨戦争引き起こし周囲に災い」と警告。
2013-03-11---中国で2月に、強烈なインフレ!
2013-04-16---韓国、経済成長に拍車をかけるUS$153億の刺激策。
2013-04-18---日本の報告書は、貿易赤字の新記録を発表。
2013-04-24---任天堂、2期連続の赤字!
2013-05-07---世界の投資資金が日本株への流入、過去10年で最高。
2013-05-15---日経平均株価は、2008年以来が初めて15,000円を超えた!
2013-05-15---進む円安は、中国の痛手。「通貨戦」で中国は敗れたか!?
2013-05-16---ホンダ社長、 F1復帰へ!目標は「勝つこと。」
2013-05-16---円安で、世界は第三次「量的緩和」時代へ!?
2013-05-16---日本経済は、回復サイン!
2013-05-22---日本観光業、中国人観光客減少で東南アジアに注目。
2013-06-03---日本の日経平均は、成長恐れで、6週間前まで急落。
2013-06-03---日本、インドやアフリカに気前よく大枚叩く。
2013-06-03---「アベノミクス」の薬が効かない日本経済。
2013-06-07---アベノミクスは韓国に衝撃!
2013-06-10---日本成長データ修正は先進国の回復希望を増大。
2013-06-17---中国人力資源のピークは、2020年に8億3000万人。
2013-06-17---円安と、広東省深圳に生産拠点置く日系企業。