AD SPACE

2013-06-23

「I Am Legend」の著者リチャード・マシスンは、87歳で死去した。

人物

AP通信は2013年06月24日に、多産のSFおよび空想の作家で、「I Am Legend」と「The Shrinking Man」の著者リチャード・マシスン(Richard Matheson/1926 - 2013)が、87歳で2013年06月23日に死去したと報告した。

SF、ファンタジーおよびスリラー映画のアカデメイア−(Academy of Science Fiction, Fantasy and Horror Films)のスポークスマンは、リチャード・マシスンが日曜日にロサンジェルスで死去したと言った。

他の詳細は提供されなかった。

[AD] You can advertise on this site.

60年以上にまたがる経歴で、リチャード・マシスンは、ページから大きく小さなスクリーンまで軽妙に移行した物語を巧妙に書いた。

彼の作品のいくつかのものとしては、1953年の「Hell House」、1956年の「The Shrinking Man」、1958年の「A Stir of Echoes」、および1978年の「来What Dreams May Come」を含む、映画へ適していた。

「I Am Legend」というリチャード・マシスンの1954年のSF吸血鬼小説は、3つの異なる映画化を励起した。
1964年「The Last Man on Earth」では、ヴィンセント・プライス(Vincent Price)が出演し、1971年の「Omega Man」では、チャールトン・ヘストン(Charlton Heston)が主演し、および2007年の「I Am Legend」ではウィル・スミス(Will Smith)が主演した。

さらに、マシスンは、「The Alfred Hitchcock Hour」、「Rod Serling's Night Gallery」、「he Martian Chronicles」および「Amazing Stories.」の版と同様に「Twilight Zone」のいくつかのエピソードを書くことに責任を負った。

彼の「Twilight Zone」では、ヒュー・ジャックマン9Hugh Jackman)が主演する2011年の映画「Real Steel"」を励起し、同様に飛行機の翼の上の創造物を見つける飛行機乗客としてウィリアム・シャトナー9William Shatner)を特色とした「Nightmare at 20,000 Feet」も含んでいた。

私は「Twilight Zone」の大ファンで、今ではもう見ることができないVHSのビデオ持っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.