gaYa広告

2013年06月23日

アル・カイダは、ヨーロッパの人質が生きていると言った。

BBC Newsは、アル・カイダの北アフリカ支部は、拘留している8人のヨーロッパの人質が生きていると言ッたと報告した。

Twitterのステートメントで、AQIM(Islamic Maghreb/イスラム・マグレブ諸国)のアル・カイダは、それがまもなく捕虜のビデオをリリースするだろうと言った。

人質のうちの5人はフランス人であると言われ、他のものの国籍は明らかではない。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

集会が人質のうちの4人の家族によって組織されたフランスで開催された後、そのステートメントは出された。

彼らはパリ(Paris)、セント-セレ(Saint-Cere)、ニーム(Nimes)、ナント(Nantes)およびオルレアン(Orleans)のイベントで、1,000日間の束縛とマークされた。

そのステートメントは、いくつかのジハード戦士Webサイト上で再生されて「私たちは、彼らの子どもたちの安全で、人質の家族および親を安心させたい。私たちは、5人のフランスの人質について、すぐに、神、自発的、新しいビデオ映写を放映するでしょう。」言った。

それは、もしフランスが北アフリカでどんな新しい軍事作戦を¥行なえば、グループが人質を殺すだろうというAQIMによる前のステートメントを繰り返した。

アルカイダ関連の闘士が首都バマコ(Bamako)を越えると脅した後、フランスは1月にマリ(Mali)へ軍隊を送った。

AQIMは、その交渉が開いたままだったと言った。

チエリー・ドル(Thierry Dol)、ダニエル・ラリブ(Daniel Larribe)、ピエール・ルグラン(Pierre Legrand)およびマーク・フレット(Marc Feret)は、フランスの核会社で働く間に、ニジェールのアリリット(Arlit)の町で2010年9月に闘士によってで誘拐された。

2012年9月にリリースされたビデオはそれらがまだ生きていたという最初の証拠を提供した。

ルグランの祖父レネ・ロバート(Rene Robert)は、「多くの逃される機会がそこにあった。」
「多くの遅れた時間およびそれだった、この状況を終わらせる時間である。」と土曜日にフランスのテレビに伝えました。
5番目のフランスの人質(サージ・ラザレビチ)はマリ北の東部で2011年11月にとらえられました。

もう一人のフランス人フィリップ・ベルドン(Philippe Verdon)は、今年、3月にAQIMによって殺されたことが報告された。

そのステートメントで、イスラム教徒グループは、彼の殺人を確認した。

特派員は少なくとも8人のフランスの市民と言い、オランダ人、スウェーデン人、そして1人の南アフリカ人が、近年サハラ砂漠で誘拐された。

フランスのフランソワ・オランド大統領(French President Francois Hollande)は、フランスが人質に身代金を払わないだろうと4月に述べた。

誘拐されても、ヨーロッパ人は救出されることが多い。
日本人は、殺されることが多い。

そこに、どのような違いがあるのだろう。

2013-05-30---イスラム急進主義教徒は、アフリカで、次のアフガンを構築中。
2013-03-23---フランスは、イスラム教徒指揮者アブー・ザイデの死を確認。
2013-02-04---ティンブクトゥの古文書救出大作戦の全貌。
2013-01-28---万が一…になったらどうしますか?将来のビジョン!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告