AD SPACE

2013-06-21

Facebookのバグは、不注意に600万人のユーザー情報を漏洩。

AP通信は、Facebookが、そのシステムでのバグから、不注意に600万人のユーザーの窓口案内を露出したと述べたと報告した。

ソーシャルメディア会社は金曜日に、バグが電子メール・アドレスあるいは電話番号のようなユーザーの窓口案内に結びついたと言い、他のユーザーによって、その人に関するある窓口案内あるいはそれらへ接続し、アクセスされる可能性があると言った。

Facebookは、バグの原因が「かなり技術的で」が、その問題を知るために、「Download Your Information」ツールで、拘束されるとブログ投稿された。

[AD] You can advertise on this site.

同社は、ユーザーがより良く、それが出るという友人提案を手直しするためにアップロードする情報を使用している。

バグは、それらのフェースブック・アカウントの一部として、人の窓口案内と関連して不注意にこの情報のうちのいくらかを格納した。

その結果、誰かが「Download Your Information」ツールを用いてそれらのフェースブック・アカウントのアーカイブをダウンロードしたなら、それら接続をしているか接触する人々のために追加のアドレスあるいは電話番号が提供されたかもしれない。

窓口案内がフェースブック上の他の人々によって提供されたので、それは必ずしも正確ではない。

Facebookは、それがその問題を解決しており、電子メールによって影響を受けたユーザーに通知する過程中ある、と述べた。

また、Facebookからの偽警告が配信される可能性もある。

どれが本物か?
堂々巡りで、判らない!

ときどき、私が書かない情報が、配信されていた。あれがそうなのか?

便利は怖い!

影響を受けたアカウントは、ソーシャルメディア・サイト上で10億人以上のユーザーの小片だけだと言ったが、それは600万人のユーザーを表わした。

カリフォルニア州メンローパーク(Menlo Park, Calif.)に本部を置くFacebookは、そのバグが悪意を持って使用され、それが苦情を受けなかったという証拠を持っていないと述べた。

ユーザーが多いFacebookは、100人に1人にもならないと言うが、恐ろしいことである。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.