on-the-time.jp

2013年06月20日

APACの買物客は、モバイルでジャンプしている。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、CommunicAsia 2013からのライブの情報として、マスターカード(MasterCard)のAPACとMEAのemerging paymentsヘッドであるフィリップ・イェン(Philip Yen)が、携帯電話ペイメントは、いくつかのアジアの市場の消費者はPC電子商取引段階をスキップしていると言ったと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

彼は「それは実際に、インドネシア、タイおよび中国で、ごく少しのPCを使用してアクセスし、買い物をするとき、それを恐らくスキップし、すぐにモバイルへジャンプします。」と彼は言った。

フィリップ・イェンは、「それが、先進国ではない」ことに注目し、それは領域でモバイル・コマースの採用を駆り立てていると、「私たちは決定的なステートメントをすることができない」と言い、高度に発展して拡大しつつある市場間の姿勢に違いがあります。例えば、フィリピンは、モバイル・ショッピングが離陸していない新興領域を表わします。これらの数に影響する多くの要因があります」と言った。

先進国の、「オーストラリアは、例えば、実際にモバイル・ショッピングに関係している人が非常に低い、、またシンガポール、香港および韓国は、モバイル活動およびモバイルの使用法の温床、種類では中間中。」と彼は観察した。

この発見は昨年、14の市場を横切って行なわれたマスターカードの調査に基づいた。

フィリップ・イェンは、回答者が銀行口座とインターネットに既にアクセスしようとして、その領域で預金してない消費者のプレファレンスを反映しない、と述べた。

面白い!

銀行口座を持たない人が最も多くモバイル・マネーを利用し、シンガポール、香港および韓国が中間で、先進国が低い。

それはすでに、アフリカのM-ペサ(M-Pesa)で起こっていた。

しかし、マスターカードがモバイルペンイメントから、モバイル・マネーに移動するか、注目する必要がある。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト