on-the-time.jp

2013年06月20日

APACの買物客は、モバイルでジャンプしている。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、CommunicAsia 2013からのライブの情報として、マスターカード(MasterCard)のAPACとMEAのemerging paymentsヘッドであるフィリップ・イェン(Philip Yen)が、携帯電話ペイメントは、いくつかのアジアの市場の消費者はPC電子商取引段階をスキップしていると言ったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

彼は「それは実際に、インドネシア、タイおよび中国で、ごく少しのPCを使用してアクセスし、買い物をするとき、それを恐らくスキップし、すぐにモバイルへジャンプします。」と彼は言った。

フィリップ・イェンは、「それが、先進国ではない」ことに注目し、それは領域でモバイル・コマースの採用を駆り立てていると、「私たちは決定的なステートメントをすることができない」と言い、高度に発展して拡大しつつある市場間の姿勢に違いがあります。例えば、フィリピンは、モバイル・ショッピングが離陸していない新興領域を表わします。これらの数に影響する多くの要因があります」と言った。

先進国の、「オーストラリアは、例えば、実際にモバイル・ショッピングに関係している人が非常に低い、、またシンガポール、香港および韓国は、モバイル活動およびモバイルの使用法の温床、種類では中間中。」と彼は観察した。

この発見は昨年、14の市場を横切って行なわれたマスターカードの調査に基づいた。

フィリップ・イェンは、回答者が銀行口座とインターネットに既にアクセスしようとして、その領域で預金してない消費者のプレファレンスを反映しない、と述べた。

面白い!

銀行口座を持たない人が最も多くモバイル・マネーを利用し、シンガポール、香港および韓国が中間で、先進国が低い。

それはすでに、アフリカのM-ペサ(m-Pesa)で起こっていた。

しかし、マスターカードがモバイルペンイメントから、モバイル・マネーに移動するか、注目する必要がある。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告