gaYa広告

2013年06月20日

モバイル・マネー運営用のキーは、セキュリティとサービス。

モバイル・マネー銀行

mobile World Liveは、CommunicAsia 2013からのライブの情報として、ビザで製品に出現するヘッドのニキ・マンビー(Niki Manby)は、モバイル・マネー・サービスの成長にとって「本当に必須である」2つの要因として、セキュリティと製品統合を指摘したと報告した。

彼女は、「私たちは、計量可能な解決策を駆り立てる際に、消費者行動を運転する際に、セキュリティの関連を強調し過ぎることができません。また、私は、これが競争上の優位であると信じます。」と言っている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

「すべてのあらゆる調査研究で、私たちは、消費者が何について関心を持っているかについて顧客に話し、彼らが確かなことして、何に関して不足しているかと言った場合、それはセキュリティで、ビザは新製品かサービスのまわりでそれを行います。それは実際にエントリーの価格で過小評価することができません。」と彼女が続けた。

しかし、セキュリティで最も多く失敗してきたのが、クレジットカード会社であった。

プレーヤーの種々の範囲によって売買するように広範囲の異なるモバイル・マネー製品および技術にしむけていたまま、マンビーは、さらにこれらが消費者採用への障害を証明することができる複雑さを縮小するためにシームレスに働く必要があると主張した。

「それがシームレスでなく、それが単純でなければ、適切ではないでしょう。また、それは彼らの生命へ統合されないでしょう。」
「ビザでは、私たちは、これらの解決策の統合に関して非常に考えます。その結果、消費者は非常に統合された経験を持つでしょう」と彼女が言った。

これは以前から指摘されてきたことで、解決策の統合は、ビザがもっともお金を集める方法であるが、その横でセキュリティが理解できていないと言うことは、底の抜けたモバイル・ポケットになる危険性が急拡大する。

さらに、ニキ・マンビーは自身の健康管理にも問題があり、以前ゴア元副大統領にも言ったが、理論と行動に矛盾がある。
つまり、残念ながら、自己管理ができない人は、国やお金の管理方法を話しても説得力が無い。

まず、自己管理をすべきである。それこそがのニキ・マンビーだけではなく、ビザにも言える。

2013-06-18---シンガポールでCommunicAsia 2013が始まる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。