on-the-time.jp

2013年06月14日

ブルガリアの新しい国家安全保障書記長は、メディア王。

BBC Newsは、メディア王が、国家安全保障機関(national security agency)を率いるために指定された後、ブルガリア議会での反対議員は抗議したと報告した。

トルコの少数党のメンバーである32歳のデリアン・ペーブスキー(Delyan Peevski)は、支配する社会党員とそれらの同盟によって討論のないポストに選出された。

彼は新しい首相プラメン・オレシャルスキー(Plamen Oresharski)によって指名された。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ローゼン・プレブネリーブ大統領(President Rosen Plevneliev)は、デリアン・ペーブスキーの「評判と能力」に疑問視して、投票の調査を要求た。

大勢の抗議者は、首都ソフィアの議会外に集合した。

デリアン・ペーブスキーは代理の危機対応大臣として2005年に社会党員の率いる政府に加わったが、汚職疑惑に関して調査され、2年後に解雇された。

その調査はその後中断された。

社会党員は先月の総選挙の結果脆弱な少数党政府で管理している。
それは、国の経済危機に関する不安に続いた。

プラメン・オレシャルスキー首相は、デリアン・ペーブスキーとの約束を防御した。

ブルガリアは、組織犯罪および密輸を止める重大なステップを取る必要がある。
また、彼は最も欠けている経験にもかかわらず仕事に適している。

「彼がシステムの一部でなく、彼がそれを再構成することができるように、私たちが慎重にそのような外部専門家を捜したので、デリアン・ペーブスキーは選ばれました」と彼がリポーターに伝えた。

しかし、約束の速度は、問題を提起した。

イギリスの大使ジョナサン・アレン(British Ambassador Jonathan Allen)はTwitterに
「The appointment has been rushed through with no hearings, debate or opportunity to find out about candidate. Why?(その約束はヒアリング、討論あるいは候補について知識を得る機会なしで急がれました。なぜ?)」と書き込んだ。

ローゼン・プレブネリーブ大統領は、決定が「ブルガリアのための長年の逆効果」を持つだろうと言った。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告