on-the-time.jp

2013年06月14日

銃規制を真面目に受けとめることができない米国。

犯罪と裁判

The Slateは、ジャスティン・ペーターズ(Justin Peters)のコラム「After Newtown, We Vowed to Take Gun Control Seriously. Why Has Nothing Changed?(ニュータウンの後、私たちは、銃規制を真面目に受けとめることを誓いました。なぜ何も変わっていないのですか。?)」を公開し、リンゼー・クナウフ(Lindsay Knauf)は、サンディー・ホック小学校(Sandy Hook Elementary School)での大虐殺から6カ月の記念日として記憶の出来事として、ニュータウンの大虐殺以来銃暴力によって殺された人々の6,000以上の名前のうちのいくつかを運ぶバスの写真を撮ったと報告した。

6カ月前の今日、アダム・ランサ(Adam Lanza)という名の奇妙で腹を立てた子供は起きて、2、3の銃をつかみ、いいカモを捜しに行った。

彼は母親で始めた。
この人は、彼に撃つことを教えており、ランサが彼女の寝室に入り、頭に4回撃って、それらのレッスンに用いた時、この人は恐らくまだ眠っていた。

次に、彼は子どもに移った、それらのうちの20人は、サンディー・ホック小学校の第1等級の教室で群がった。

ランサは、AR-15-スタイル半自動ライフル銃(AR-15-style semi-automatic rifle)から154発を撃ち、6人の大人を撃ち殺した。

彼の最終目標は彼自身であった。
警察が接近したまま、ランサはグロック10mmの短銃(Glock 10mm handgun)と彼のライフル銃を交換し、教室で、自分の頭を撃った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2日後に、ニュータウンのスピーチで、オバマ大統領(President Obama)は、何ぜか、その時に、もう一つのいいカモのように見え、狙いを付けた。

「私たちはルーチンとしてこのように出来事を認めることができません」と彼が、ワシントンで銃規制立法を更新された優先事項にするために彼のオフィスのパワーをすべて使用すると約束して言った。

「私たちが実際に、そのような殺戮に直面して無力であると言う準備をしたということである?政治は困難すぎます?私たちは、年々私たちの子どもたちの上で訪れたそのような暴力を、私たちの自由の価格であると言う覚悟をしていますか?」

それは国が聞く必要のあったスピーチであった。
何も意味しなかったのはスピーチであった。

過去6カ月にわたり、すべての主な連邦銃規制イニシアチブは、どちらかを小屋に入れた。
あるいは、そのイニシアチブは失敗した。

新しい連邦攻撃用武器禁止の話はどうにもならなかった。
素性調査を拡張する法案は上院で失敗した。

もっと、さらにもっと多くではなく、国家レベル上で起こった。

ロサンジェルスタイムズ(Los Angeles Times)のコラムでは、今日、銃暴力を防ぐ法律相談所からの2人の幹部が、サンディーフック以来、「6つの州が火器法を強くしました。」ことを注目した。

しかし、時間が通過したように、熱中は減少した。

ニューヨークはサンディーフック射撃の1か月後に、厳格な銃規制法案を可決したが、それはそれ以来法廷で挑戦された。
また、その撤廃の話がある。

この木曜日、ネバダ州知事は、個人の武器トランスファーを禁止していたであろう銃規制法案を拒否した。

先月、イリノイ州立法府は、隠された武器を合法化する法案を可決した。

サンディーフック大虐殺が、国の銃器所持取締法の変化に直ちに電気をかけなかったのは大きな驚きではなかった。

悲嘆とレトリックは正しくなることが簡単であった。
立法はより困難でである。

しかし、私は、討論が非常に血の気がなくなったことに驚いている。

ワシントンポスト(Washington Post,)の全くねじた1片では、エリ・サスロウ(Eli Saslow)はマークおよびジャッキー・バーデン(Mark and Jackie Barden)について書いた。
2人の息子ダニエル(Daniel)はサンディーフックで撃たれ死んだ。

その時以来、情緒的に不安定になったバーデンは、より強い銃器所持取締法のためにロビー活動をして国を旅行した。
それらは、激痛を抑えて、かつ磨き上げた知覚可能な議論ポイントの中で話すことを教えられた。

しかし、過去5か月は、単純性と無罪が政治で動かさなかったとマークとジャッキーに教えた。

どちらも激怒または断続性を行わなかった。

それが揺るがなく丁寧で、目的があり、事実だった場合、それらの悲嘆は単に有効であった。

生の、4分大虐殺と米国の政策の間の不確かなパスは、1つの、数か月長い、それを挽く、販売運動、資金調達者および広報活動コンサルタントから成った。

両親のデラウェア旅行用ブリーフィングブックで圧迫補佐は、可能な議論ポイント、親がイリノイで与えられたのと同じ提案、ニューヨーク、ニュージャージーおよびコネチカットのリストを提供した。

「私たちは銃所有に反対しません。私たちは銃規制向けではありません。私たちは銃責任、および銃安全法向けです。」という1つの暗示読み取った。

バーデンはそれらの感情を調節することを教えられたが、銃規制相手はそのような制限の下になかった。

火器マニアにとって、不明瞭な怒りは常に強力な政治的武器であった。

銃砲ロビーは、上院素性調査は記入し、ひとつには多くの銃所有者がそうだったので、失敗し、促され、確信させ続けることによって、たとえ法案がそのような準備を含んでいなかったとしても、それは「すべての火器およびそれらの所有者の普遍的な登録」を命ずることになった。

悲嘆は,議会ホールにおいて好ましくない。

激怒は、ビジネスがどのようにして行われるかであった。

銃規制討論から正直な悲嘆を取り除く場合、さらに、緊急の多くを削除した。

それは私たちが反応的に法律を制定するべきであると言うことではなかった。

急いで可決された法律は、多くの場合悪い法律であった。

しかし、それらが中和された句、事実支持して、個人の物語の重視をやめて、銃暴力を抽象的概念に変える圧力に優しくなれば、銃規制主張者は有効ではない。

ンディー・ホック小学校の射撃事件以来の6カ月で、銃規制討論は一般化された。
悲嘆庭が分解し、犠牲者の顔が衰えるとともに、なぜ銃規制が以前それほど緊急に見えたか思い出すことはより困難になった。

我々のために、誰がそこにいたか、忘れることがでない。

私は先の12月に、ダニエル・バーデンの告別式に出席した。

私は、リマ・カトリック教会の聖ローズ(St. Rose of Lima Catholic Church)の駐車場を横切って、途中でずっと達したラインで、寒さと雨の中で、1時間外部で立っていた。

私が最後に内側にそれを作った時、教会は一週間ずっと、ニュータウンを横切って展開していた場面の中で、哀悼者でいっぱいになった。
20の葬式、20棺の小型の棺、何千もの花、何百万もの涙。

「サンディーフック射撃は変曲点の種類である、私たちの歴史を通じて、私たちを選ばせたこと、私たちはどんな種類の国でありたいか、またなるだろう。」私はその時に書いた。

その夜、その週、その選択は容易に見えた。

クリスマスの前の2週未満、20人の子どもが学校で死んだ。

この子どもたちは名前と顔を持っていた。好かれていた。そして嫌悪、それらがするかもしれないことについての曖昧で空想的な概念および人々は、それらがなるかもしれない。

それらは、銃にアクセスするべきでなかった精神的にノイローゼの人によって半自動ライフル銃から発射された154発によって、5分未満で、朝に殺された。

それらは死ぬ必要はなかった。

それらの事実を認めることに決めた。
あるいは、それらから走ることに決めた。

そのサンディーフック射撃に続く週で、ニュータウンの人々と、より広い世界は、恐怖を抑えることに決めた。

その時以来、私たちがそっぽを向くことに決めたので、銃規制立法は失敗した。

何が,何に置き換えられたのか?

事実支持して、個人の物語の重視をやめて、銃暴力を抽象的概念に変える圧力に優しくなれば、銃規制主張者は有効ではなくなった。
急いで可決された法律は、多くの場合悪い法律であった。

精神的にノイローゼの人によって半自動ライフル銃から発射された154発によって、5分未満で、朝に殺されたと言う事実であって、そのために米国国民が規制されることへの不満であった。

2013-01-27---世界の銃刀法。
2013-01-21---グルーポンは銃関連の取り引きをすべて拒否した。
2013-01-18---キング上院議員は攻撃用半自動火器禁止法案に乗り気ではない。
2013-01-09---アメリカ思想!より多くの銃が、より多くのアメリカ人の命を救う?
2012-12-19---2012年の引用された面白い名言集。
2012-12-14---コネチカット学校で、また銃乱射、27人死亡!

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告