2013-06-14

ソニーは,日本のスマートフォン市場で支持された。

mobile World Liveは、査会社BCNからのデータによれば、ソニーは、アップルに対してそのリードを広げ、日本のスマートフォン市場でかなりの高い支持をされていると報告した。

ブルームバーグ(Bloomberg)によれば、日本の家電会社は、Xperia Zのような最も重要な新しいモデルと、国内の最大のオペレーターNTTドコモによる激しい割引に着手してから利益を得た。

[AD] You can advertise on this site.

BCNは、アップルのための25%と比較して、先月はソニーが36%の市場占有率を持っていたと言った。

また、NTTドコモがiPhoneを販売しないために、最大のオペレーターとして、そのデバイスを売ることにその努力を集中させていることが、ソニーに役立っている。

報告書は、さらにBCNが、グローバルなナンバー1のサムソン、およびシャープのシェアがスリップしたことを示したと述べ、一般に国際的に弱い一方、そのホームの中で見事にモバイル市場を運営したと言っている。

しかし、NTTドコモはさらにシャープのAquosフォンZeta(ズイータ)を支持している。
それは、そのシェアを押し上げるのを支援することができたといっている。

小さな国の御山の大将ということが、ガラパゴス現象を起こしたことを,もう忘れている。

苦しくなると,国内に頼る。

国際基督教大学の看板は,どこへ落としたのだろう。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE