2013年06月14日

イランの選挙で、投票がどのようなことが起こるか!

BBC Newsはイランの投票風景の写真を公開して、ほぼ5000万人がイランの選挙で投票するのに適格で、首都テヘランと大きな都市からの投票だけで、ほぼ70%に達し、投票者の30%だけが田園地帯の出身になると報告した。。

国内には、ほぼ70,000の投票所がある。
また、権威によれば、その数は、ほぼプロセスで、100万人に相当し、すべてが滑らかに行くことを確かめる。

投票者が投票するために必要とするのは、彼または彼女の出生証明書だけである。
一旦彼らが投票したならば、それが型押しされる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

投票者は、箱の中でそれらの好ましい候補の名前を書くことにより、選択を行う。

投票用紙は1979年の革命のリーダーで、イランイスラム共和国の初の最高リーダーであったアヤトラ・ルーホッラー・ホメイニ(Ayatollah Ruhollah Khomeini)によって、トップ・スローガンをもたらした。
そして、それは「重要なことは人々の投票です。」

真下に、その投票は次のように言います:
「名前、および下に提供されるスペースに、彼の立候補番号を備えた好みの候補の姓を印刷書体で書いてください同国人さん。」

人が投票した後、それらは、彼らが再び投票することができないことを保証するためにインクパッド上に親指を押さなければならない。

文字が書けない無学の投票者は、しばしば不規則の推測および告発を引き起こした手続きとして知られる、投票所でスタッフによって支援される。

その投票は、選挙を行うことを担当する内務省の観察者によってモニターされる。

候補の代表と同様にさらにガーディアン会議の観察者もいる。

しかし、すべての候補には、投票所をすべてカバーするために十分な代表がいるとは限らない。

さらにモバイルの投票所があり、刑務所、病院などを訪れる投票箱を備えたバスがある。

それらは、そうであるように、多数のための懸念の源です、1つの観察を続けることが困難である。

独立した使命も外国人監視員使命もいない。
イランはこれを許可していない。

結果は、ファックスによって、ライブ・テレビでリリースされる前に、それらは合計される内務省の選挙本部へ報告される。

2009年には、内務省のいわゆる「追加室」当局が、マフムード・アハマディネジャド大統領(President Mahmoud Ahmadinejad.)を支持して何百万もの投票を製造したという広範囲の認識がある。

イラン人は、今回計数過程を非常に注意深く見ようとすると報告した。

2013-06-13---Googleは、イランがフィッシングで選挙より進んで攻撃することを検知。
2009-11-10---資本主義は死んだ(Capitalism Is Dead)!?
2009-10-29---イランの旅客機機長が乗客に「どうか祈ってください」と伝えた。
2009-10-11---イランの情報通信は、民営化を利用して軍管理完全検閲。
2009-09-28---イランの秘密核施設をABC Newsが明らかにした後、ミサイル・テスト実施
2009-09-27---イラン革命防衛隊が、イランのテレコム株50%を購入。
2009-08-06---テヘランのイラン・ジャーナリスト協会閉鎖!
2009-07-09---イランのデモ参加者の集団に、保安部隊が棍棒を持って突入!
2009-07-05---イラン騒動は、新しいWebサイトを暗示。
2009-06-29---イランで、ムサビ派の6人が絞首刑!?
2009-06-25---イランの大統領、米国の大統領に謝罪要求!
2009-06-22---イランで少女が銃殺された!
2009-06-22---バーレーンの新聞、イランの選挙報道で閉鎖!
2009-06-17---イランで大量逮捕が始まった。
2009-06-16---オバマ政権、Twitterにイラン大統領選以降の休止時間で介入!
2009-06-15---イラン大統領選、アフマディネジャド63%対ムサビ34%の大差
2009-06-09---イラン大統領選の直前、膨大な数の選挙民が街頭デモ!
2009-05-24---イラン、Facebookへのアクセスを閉鎖!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告