on-the-time.jp

2013年06月14日

中国の盲目の活動家陳光誠は、NYUを去る予定。

性とメディア

BBC Newsは、盲目の中国の反体制の活動家陳光誠(陈光诚/Chen Guangcheng)は、NYU(New York University/ニューヨーク大学)を去る予定であると報告した。

ニューヨーク大学は、陳光誠が米国で残るだろうと言い、現在他の米国の学術的な機関と話し合っていると報告した。

昨年、彼が自宅監禁を回避し、北京の米国大使館に避難した時、著名な活動家陳光誠は外交動揺を引き起こした。

彼は、研究するべき米国へ行くことを結局認められた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「陳光誠および彼の家族に彼が最初に中国を去った時に一緒に来て、かつ米国への彼の推移を研究し、支援する場所を提供して、私たちは嬉しかった」とNYUスポークスマンのジョン・ベックマン(John Beckman)が言った。

「しかし、NYUと陳光誠は、NYUが支援することができなかった、この前の落下を、無期限に彼と議論をしていました。」

NYUは、「空想的な誤りであるもの」として、NYUが上海の衛星キャンパスを構築していたとともに、陳光誠が許可を尋ねられたと言ったニューヨークポスト(New York Post)による報告を退けた。

陳光誠を友人として助けたNYU法律学教授ジェローム・コーエン(Jerome Cohen, a NYU law professor)は、配置が常に陳光誠と肉親が「地道に、より永久の位置への推移でそれらの足を得るのを助ける。」ために、短期の配置だったと言った。

「政治難民のアルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)さえも、[Mr]陳光誠がNYUから受け取られたよりアメリカの学術的な機関によるよりよい対応を受けていません。」と彼は言った。

陳光誠をは、他の機関で「2回の魅力的な機会」のどちらかを現在選んでいた、と彼が付け加えた。

ニューヨークにいるフォーダム大学(Fordham University)のスポークスマンは、位置が何について議論されていたかは不明瞭だったが、大学のロースクールが陳光誠と「交渉中」であることを確認した。

陳光誠は、公に問題に関してコメントしていない。

独学の弁護士は中国の一人っ子政策の下での強制的な中絶に対してキャンペーンしたが、交通を中断させて財産を破損するために2006年に4年間投獄された。

彼は2012年4月の注目の回避まで、2010年にリリースの後に自宅監禁された。

外国で暮らしたことのない人が、外国で暮らすという意味で,誤解を招いたのだろう。

2012-05-02---中国の盲目の活動家、米国大使館を出発!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告