2013年06月14日

日本企業の4割が「中国に競争で負けている。」

新華社は、華字紙・日本新華僑報(電子版)が、経済産業省が2012年度版の「製造基盤白書(ものづくり白書)」を発表し、日本の製造業企業のほとんどが中国企業に技術力では「勝っている」と感じながら、4割が実際の競争では「劣勢」だと認めていることが分かったと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

経産省は昨年12月、日本の製造業企業2万5000社を対象に調査を実施した。
それによると、40.8%が「同業の中国企業に競争で負けている」と回答し、「勝っている」(38.8%)を上回った。
その一方で、85.3%が「自らの技術力は中国企業に勝っている」と答えた。

こうした結果を踏まえ、白書は「日本企業は、高いレベルの技術力に頼って業務を拡張したり、利益を増やしたりすることができないという苦境に陥っている」と結論付けている。

だが、中国企業は過去10年で研究開発費を約900%も増加させている。
これに対し、日本企業はわずか10%増えたのみ。
増加幅は主要国家の中で最下位だ。
白書は「技術の優位性という日本の強みが、徐々に脅かされていく。」と指摘する。

今がどういう時期か?
身勝手な判断が多いですね〜
伸び率ではなく、人口比での金額で評価すべきでは?
中国の10年前は,ゼロに等しかったはずです。

こうした現状を打破して日本企業の競争力を高めるため、白書は「日本政府は法人税減税などの措置をとるべきだ。」と指摘した。
これと同時に設備投資を促進するための政策を打ち出し、各業界の統合・再編成を急ぐべきだとしている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告