2013年05月29日

デジタルペンイメント・アドバイザーはペイメント景観を変形する。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、ガートナー(Gartner)によれば、顧客スマートフォンとモバイル・デバイス上で存在するDPA(digital payment advisor/デジタルペンイメント・アドバイザー)適用の開発には、基本的に多くの顧客がより高い値の購入処理用決済ソリューションの選択に接近する方法に変更する可能性があると報告した。

DPAのインパクトは、ペイメント市場の即時の制約をはるかに越えて伸びるかもしれない。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

ガートナーの研究副社長アリステア・ニュートン(Alistair Newton, research vice president at Gartner)が、
「日々の製品およびサービスの購入のために交互の通貨ロイヤリティ・ポイント(loyalty points)とソーシャル通貨(social currencies)の使用を促進することによって、現金と支払いのカードを使用して、顧客が購入をする場合、DPAは適所に非常に微妙な心理的均衡を変更し始めるかもしれません。」

「小売り業者または航空会社によって自由に割り付けられたかもしれないロイヤリティ・ポイントを費やすことと比較して、苦労して稼いだ金を費やすことは、消費者と非常に異なるかもしれません。そのような変更は、著しい変更を小売り購入経験および関連する支払い価値体系全体にもたらすでしょう。」と言った。

DPAの使用は、さらに銀行とペイメント・カード会社からそれらの顧客までの力の変化で、代表的指標のうちの1つになる。

それらの使用はペイメント市場へより大きな透明性を出し、そこでは消費者へのコストあるいは利点が顧客が選ぶ、どの決済ソリューションが使用するかに著しく依存して変わるかもしれないし、特により高い値の処理のために、消費者が支払い供給者を選ぶ方法の重要な変化をする。

さらに、それらは、多くの支払いを解決するために使用される普及と実際の形式を密着させ始めることになる。

しかし、ガートナーはDPAをすべて一括払い出願に使用して、顧客を予知しなかった。

これらの一括払い出願の多くは、DPAが主としてより高い値の処理に最初に使用されるだろうということを意味して、それらの使用がいつ顧客に役立つだろうかに関して訴訟可能で有用な助言を申し出る。

喜んでほとんどの顧客が、そのようなサービスに持続可能な料金を払いそうもない。

その結果、経済的に持続可能になるために、DPA一括払い出願は速く変わることになる。

「それらの性質によって、それらが機能へのブランドの独立を有効に要求し、顧客に知覚された独立した助言を配達するので、DPA一括払い出願は主流銀行かペイメント・カード発行会社によって最初に直接提供されないでしょう。」とアリステア・ニュートンが言った。

「しかし、より長期的な機会は、管理における役割を確立したいFSI(financial services institutions/金融サービス機関)に向かって、交換する、またそれらの顧客のための忠実ポイントおよび社会通貨の支出として、出現するかもしれません。そのような場合、DPAを提示したいFSIは、顧客が独立して正確なこととして提示されたどんな助言も尊重することを保証するために独立してブランドの解決を確立する必要があるかもしれません。保険価格比較サイトのうちのいくつかのような、それは保険会社によって所有された事実にあります。」
リアルタイム場所と文脈上のデータを備えた歴史上の業務処理データを分析し、統合するスマートフォンの使用は、事情に通じている意思決定の力を顧客の手に委ねる。

顧客の提供によって、特別の処理に使用する最もコスト効率の良い支払い出願の明瞭な指標、デジタル支払いアドバイザーはマーケティングの多くおよび値をつける発行数を切り離すことができます。あるいは潜在的な忠実報酬あるいは「キャッシュバック」オプションのような様相が、代理商として働かれる場合、有益な、今日のそのペストの支払い市場になる。

「銀行と金融サービス会社は、デジタルペンイメント・アドバイザーの到来を無視することができません。」
「それらは、そのような情報および助言の開いた有効性が支払い市場に出て持つインパクトを認識するために戦略を適応させなければなりません。等しく、小売り業者は、顧客が従事する買収価格鎖へのDPAの影響をモニターする必要があります。」とアリステア・ニュートンが言った。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。