gaYa広告

2013年05月29日

アフガニスタンの男性の頭から、鉛筆が取り出された。

美容と医学の科学

BBC Newsは、ドイツの医者は、頭痛、鼻水および視力問題に何年も苦しんだアフガニスタンの男性の頭に、10cm(4インチ)の鉛筆が入っていることが分かったと言ったと報告した。

アーヘン大学病院(Aachen an der Uni-Klinik)の外科医は鉛筆を削除した。
また、24歳の男性が回復していることが報告された。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

鉛筆はその人の鼻腔と右眼ソケットを12年間も害していた。

鉛筆がどのようにそこに着いたか尋ねられた時、彼は、少年の頃、以前落ちて、重大な鼻血が出たことを思い出した。

その場合は火曜日にアーヘン大学の教授フランク・ヘルツィル(Prof Frank Hölzle of Aachen University)によってエッセンの医学会議(medical conference in Essen)で示されました。

ドイツのメディア報道によると、鉛筆はイメージスキャン技術のコンピューター・トモグラフィー(computer tomography)を使用して、詳細な健康診断の後に見つかった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。