gaYa広告

2013年05月29日

OECDのチーフ「(ヨーロッパは)恐ろしい状況である。」と伝えた。

銀行

BBC Newsは、OECD(Organization for Economic Cooperation and Development/経済協力開発機構)はユーロ圏のために再びその成長予測を切り、成長を後押しするためにもっと行うことを考慮するようにECB(European Central Bank/欧州中央銀行)に要求した。

ECBは、論理を展開しているが,実質的活動を金利を管理しているだけで、ほとんど何もしていない。その金利も2013年05月02日に、0.5%まで引き下げた。

OECDは、それと、米国と日本のようなより急成長している経済の間のギャップを広げて、ユーロ圏が今年0.6%縮小するだろうと言った。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

その間に、EC(European Commission/欧州委員会)は、その耐乏生活計画を完成するためにフランスはもう2年を与えた。

フランスは今年の最初の3か月に景気後退へ倒れた。

スペイン、ポーランド、ポルトガル、オランダおよびスロベニアも、会計に締まることを終え、より多くの時間を与えられた。

その動きは、ヨーロッパで変更を厳粛への焦点から遠ざけて示唆した。

1970年代のヨーロッパ経済崩壊でも、ヨーロッパの経済学者は論理だけを先行し、実質で崩壊した。
つまり、頭でっかちの経済学では,何も解決できない。

その当時にも,額に汗して働かない経済学者は、出て行けと言われた。

大学の教授にできることは,耳学問を教壇で演説するだけである。
実際の分析をしていない。

ユーロ圏の心配事は固執している。

その年に2回のエコノミック・アウトルックでOECDは、ヨーロッパの延長された経済的弱点が世界景気を破損するかもしれないと言った。

34の先進経済を表わすOECDは、2014年に今年の1.2%および2.3%のそのメンバーを横切って平均成長を予測した。

それは、ユーロ圏経済の問題の多い絵を描いた。

GDPの0.6%の短縮の予測は、ちょうど6か月前に0.1%の短縮予測から著しく下がっている。

OECDは、ユーロ圏失業が2014年に安定して、12%のその現行利率から上昇し続けるだろうと言った。

それは持続的な緊縮政策、弱い確信および金融逼迫条件を非難した。

OECDは、ECBがより強い成長を促進する手段として、QE(quantitative easing/量的緩和)を拡張したいかもしれないと暗示した。

それは、ヨーロッパの持続的な弱さが「世界景気のためのマイナス要素と共に、沈滞へ発展することができた。」と警告した。

イギリスのための予測も、今年のちょうど0.8%の成長および2014年の1.5%まで改訂された。

OECDは、イギリス政府の緊縮計画が成長に影響したと言ったが、手段が「必要」でそれを警告したと言い、「さらに財政再建」が必要であった。

緊縮政策は先行をとったヨーロッパと比較して、米国と日本は、景気刺激策へのより大きな焦点を見た。

日本は、1.6%を今年、政府で開始された異常な経済刺激対策の後ろのそのGDPに加えて、今年比較的強く成長すると予測される。

しかし、OECDは、政府が支出をカットすると予想される時、相当な不確実性が、その回復が2014へ継続するだろうかどうかに関してあると言った。

米国で、ほぼ2%の成長が今年予測される場合、OECDは量的緩和手段が「徐々に縮小される必要があるかもしれない」と言った。

中国は、OECDのクラブに含まれていない。
しかし、OECDは、その毎年の成長が次の2年にわたって約8%であることを期待した。

OECDのチーフ・エコノミストであるピエール・パオロ・パドアン(Pier Paolo Padoan)は、ユーロ圏が重要な感応面のままだったとロイターに伝えた。

「(ヨーロッパは)恐ろしい状況である。」と彼は通信社に伝えた。

「私たちは、ユーロ圏はより積極的なオプションを考慮するかもしれないと思います。私たちはそれをユーロ圏スタイルQEと呼ぶことができました。」

2013-05-07---世界の投資資金が日本株への流入、過去10年で最高。
2013-05-02---欧州中央銀行は、ユーロ圏金利を新記録の0.5%まで引き下げた。
2013-04-30---ユーロ圏の失業は、最高値に急増した。
2013-01-24---ダボス会議2013:今はヨーロッパの「成長に注目する時間」
2012-10-10---銀行崩壊からゆっくり立ち直った日本の事例は、大切な遺産!
2012-09-10---イタリア経済、第1四半期より後退!
2012-09-06---ECBのマリオ・ドラギ、債券購入ユーロ借款プランを発表。
2012-09-02---欧州中央銀行は、ユーロ圏処置を講ずるように要求された。
2012-07-10---欧米日の大学帝国の終焉!
2012-04-10---ヨーロッパの株式市場、イースター破壊の後、スリップダウン!
2012-01-11---ドイツ経済は2011年最終四半期、0.25%縮小と予測。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告