gaYa広告

2013年05月29日

ソフトバンクとスプリントの株取引を国家安全保障として認可。

mobile World Liveは、ソフトバンクによるスプリントの買収に対して、国家安全保障関係に逆らうこととして投げかけられた日本の会社のための重要なステップは、CFIUS(Committee on Foreign Investment in the United States/米国外国投資委員会)によって、取り除かれたと報告した。

顔がアジア人同士で似ているからと言って、同一視するのは、日米安保条約違反である。

米国のセキュリティ当局は、Huaweiおよび中国の政府へのそのリンクの上に長期不安を持っている。

取り引きのための青信号の一部として、2つの会社はCFIUSの日付から有効な米国政府といわゆるナショナル・セキュリティ協定のクリアランスを締結した。

2つの会社間の合併が終了すれば、この合意は終了する。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

CFIUSに続く青信号は、取り引きが任意の国家安全保障関係がないとDoJ(Department of Justice/司法省)とDHS(Department of Homeland Security国土安全保障省)がFCC(Federal Communications Commission連邦通信委員会)に通知するであろうことが期待されている。

これは、乗っ取りの公益調査を自由に完成することができるFCCが、去ることになる。

発表は、日本の会社の乗っ取りに対する国家安全保障懸念に取り組むために、米国の政府とソフトバンク、スプリントが予備協定に達したというWSJ(Wall Street Journalウォール・ストリート・ジャーナル)の報告に続いた。

ソフトバンクは、スプリントをコントロールしようとするライバルのディッシュ(Dish)に、国家安全保障はそれを増加する役割を果たした戦いに直面していた。

日本の会社とのその戦いでの愛国的なカード(patriotic card)を使用していた。
しかし、CFIUSの決定は、その攻撃を中和するかもしれない。

この状況に精通している人々によれば、政府とソフトバンク-スプリント合意の条件の下で、米国の当局は、スプリントの設備購入に対する拒否権得ることになった。

また、新しいスプリントは4メンバーのセキュリティ委員会を紹介することになる。

4人のメンバーのうちの一人は、さらに先週の最初に詳細出現したスプリントのボードの一員で、セキュリティ管理者になると予測される。

また、政府は、委員会のメンバーを承認するようになる。

ソフトバンクは、それがClearwireのネットワークから、Huaweiによって供給された設備を削除するだろうと既に言った。

スプリントは50パーセントのClearwireを所有し、残りを買おうとしている。

削除するには、さらにUS$10億を必要とする。
それは先週報告された。

ソフトバンクとスプリントは、それが米国政府のためにするあらゆる敏感な仕事を扱うことを目指した子会社を作成することで、さらに合意した、と情報筋が言った。

これは、ソフトバンクの買収が,完全な勝利に大きく向かっていることを証明している。

ここまで日本が譲歩して,米国国会議員などが問題にしたとすれば、日米安保条約違反として,米国政府を訴えることが十分にできる。

2013-05-23---ソフトバンクは、セキュリティ管理者、米国政府による拒否権を提示。
2013-05-13---ソフトバンクは、スプリントにつけられたDishの融資に警告。
2013-05-11---米国の政治家は、ソフトバンクにSprint Nextelを渡せないと言った。
2013-05-06---Clearwireは、Sprint Nextel株式公開買付けに賛成の投票を株主に要求。
2013-04-30---孫正義は、SprintとDish Networkを非難!
2013-04-24---スプリント・ネクステルの赤字は、わずかに改善された。
2013-03-28---ソフトバンクとHuaweiの関係は、Sprint Nextel買収の障壁。
2013-01-14---ソフトバンクは、子会社eAccessの株式過半数を売ることで会談中!
2013-01-08---中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?
2012-12-31---Huawei、イランに禁止されたコンピュータ機器販売。
2012-12-11---アップルも脱中国を開始!
2012-11-06---米国 - 中国の貿易発火点!
2012-11-05---失敗続く中国企業の海外買収の背景。
2012-10-24---「Made in China」と言うブランド・イメージの改革は、可能か?
2012-10-23---中国、米国を抜き世界最大の投資目的国。
2012-10-15---ソフトバンクは、Sprintの株式70%をUS$201億で購入。
2012-10-11---ソフトバンクが、米国のSprint Nextel買収で会談中!?
2012-10-10---米国、中国製ソーラーパネルに不当廉売裁定。
2012-10-08---米国パネル、中国の HuaweiとZTEはセキュリティ脅威と警告。
2012-10-01---ソフトバンク イー・アクセス買収。
2012-09-20---中国のスパイ・プログラマー、CMEグループから先物為替情報を窃盗。
2012-09-14---米国を密かに調査する中国のHuaweiとZTE。
2012-09-13---マルウェアは、中国のPC生産ライン上で挿入された!
2012-09-13---テレフォニカは、中国の銀行からUS$12億のクレジット・ファシリティを得た。
2012-08-21---米国のITC、中国など無線電子機器を対象に「337」調査を発動。
2012-07-24---中国のHuaweiは、2012年の営業利益が22%落ちた。
2012-07-23---中国の「Huawei」の名前をどのように発音しますか?
2012-07-16---ZTEシェアは、17%落ち、3年で最低になった。
2012-06-04---中国のHuawei、ブラジルでラテンアメリカ向けの分配ハブをオープン!
2012-05-02---スマートフォン市場で、中国が米国を抜いて最大になった!
2012-04-17---ソフトバンク・モバイル、LTE配備契約の第2段は日本で最大!
2012-04-03---HuaweiとZTEは2012年に、1億ユニットのスマートフォン販売をターゲット。
2012-02-22---Huawei、日本で世界初のUMTS/LTE 1.7 GHzネットワーク展開。
2012-02-18---中国のHuaweiは、米国企業にOEMとして3年でUS$60億を注文。
2012-02-17---45,000人のHuaweiエンジニアが世界で最大のデスクトップ・クラウドに参加!
2012-02-06---ドバイ・メトロ・グリーンラインはHuaweiとDuがモバイルにした。
2011-11-08---Huaweiがロンドンで、スマートフォン・デザイン・センターを開設!
2011-11-05---中国の技術的台頭で、米国の経済制裁が無力化!?
2011-10-12---米国政府は、全国的なLTEネットワーク建設でHuaweiをブロック。
2011-07-05---台湾は、コア・ネットワークでHuawei Supplied Kitの使用を禁止!
2011-05-20---中国モバイルとアップルが、「iPhone5」にTD-LTE採用で合意。
2011-04-18---中国のHuawei、年間利益30%アップで、US$25億!
2011-04-14---中国のHuaweiは、インドネシアで技術訓練所をオープン!
2011-04-06---モトローラのネットワーク売却は、中国で暗礁に乗り上げている。
2011-03-03---中国は4Gモバイルネットワークを商業化準備!
2011-02-21---中国のHuaweiは、米国進出を断念!イギリスに進出!
2011-02-03---中国のHuaweiとZTEは、中国国家保護下企業の証拠レポート。
2010-12-22---スプリントの新しい最高財務責任者は誰で、何をするか?
2010-11-22---中国企業Huaweiは、米国研究開発ヘッドに、前ノーテルCTOを指名。
2010-11-07---スプリントネクステルは、HuaweiとZTEの契約を止めた!
2010-10-21---中国のHuaweiが、米国国防総省で元幹部を雇った。
2010-08-24---問題になっている中国のHuaweiは、米国契約法を得るために動いた!
2010-08-22---米国の政治家はSprint Nextelにキットを販売するHuaweiをブロック。
2010-04-30---インドは、中国からインフラストラクチャ設備の輸入を禁止した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告