2013年05月27日

乳癌の予防手術を受けたアンジェリーナ・ジョリーの叔母が乳癌で死去。

BBC Newsは、運命的な乳癌を回避するために2回の乳房切除術をしたとハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)が言ったほぼ2週間後、彼女の叔母が乳癌で死去した。

死去したのは61歳であったデビー・マーティン(Debbie Martin)で、日曜日にエスコンディドのパロマー・メディカル・センター(Palomar Medical Centre in Escondido)で他界した、と病院が言った。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

デビー・マーティンは、アンジェリーナ・ジョリーの母親で、2007年に56歳で乳癌により死去したマーシェリン・バートランド(Marcheline Bertrand)の妹である。

彼女の夫ロン・マーティン(Ron Martin)は、姉妹が両方とも、ジョリーはそれを継承した同じ変化したBRCA1遺伝子を持っていたと言った。

彼は、E! Newsに、
「アンジェリーナは週を通して接触していました。そして、日々彼の支援をして、彼女の兄弟ジェイミは我々といました。」
「彼らはデビーを非常に愛していました。また、アンジーは今ちょうど来ることができませんが、彼女は、非常に良い愛と支援を送りました。」と伝えた。

デビー・マーティンは、
「私たちが、もし知っていたならば、アンジェリーナが行ったことを確かに正確に行っていたでしょう。」と、さらに2回の乳房切除術をしたと、AP通信社に伝えた決定について女優を賞賛した。

2013年05月14日に、37歳の彼女が、医者の後の手術は、彼女が乳癌の87%の危険および卵巣癌の50%の危険を持っていると推測したと、ニューヨークタイムズの中で書いた。

「私は、非常に率先して、私ができるように危険を最小限にすることを決定しました。」と彼女が、乳癌になる彼女の見込みが今5%未満に落ちたと付け加えて説明した。

BRCA1遺伝子は皆の中にあるが、単に1,000人のうち1人の中で変化する。

変化を持った誰でも、乳癌になる50-80%の機会を得ている。

2013-05-17---乳癌のリスクは何か?
2013-05-14---アンジェリーナ・ジョリーはダブルの乳房切除術をした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト