on-the-time.jp

2013年05月23日

テクノロジーが、ガーデニング、ペット・ショップを変革。

食品

テクノロジーが、ガーデニング、ペット・ショップを変革している。

凄い時代になっている!

ガーデニングまでが、Web管理と、ソーシャル・ネットワークで運営され始めている。

ペットなども単なるコミュニティー段階から、スマートフォンのAppを利用し、センサーなどで管理して、完全に自動化して、さらにもう一歩進化し、クラウドに基づいたテクノロジーで改革する時代になったのかもしれない。

都会の屋根で養蜂から、牛や豚、羊を飼育する時代になった。

BBC Newsは、祭日の重なる週末、快方へ向かう天候で、多くの人が園芸好きに感じ始めるかもしれないし、私たちの親切をガーデニングのスポットに向かうかもしれないと報告した。

しかし、あるニューヨークのテクノロジー操業開始企業が、季節について心配することが、あなた自身の植物(青果店)を育てることは、過去のものであることを望んでいると言っている。

Bitponicsは、「あなたの個人のガーデニングをする助手」であることを主張している。

それが売るシステムは、クラウドに基づいた水耕法を耕すマネージャーである。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

多くの人々が、単に大麻を育てる点で、水耕法を聞いたかもしれない。
しかし、実際に、それは農業の中で広く使用されている。

水耕法はその代りに、水の中で栄養溶液の蓄積を使用して、土のない植物を育てることを基本的に含んでいる。

Bitponicsが努力することは、水栽培のシステムを自動化することである。

それが開発した技術は、無線センサーを付ける。

これらのセンサーは、pHレベル、温度、湿度およびデータのような水栽培システムとモニターの蓄積を調査する。その後、クラウドに無線で送られる。

2つのコンセントがあなたに明かりまたはポンプを差し込まれる。
それは成長して援助するためにタイマー上でセットすることができる。

Webアプリは、その成長計画を与え、いつ、栄養素を加える必要があるか、貯水池を変更する必要がある場合など、それはテキストまたは電子メールによって通知する。

Bitponics共同創立者マイケル・ドハティー(Michael Dohertyは、
「今ちょうど、私たちの顧客は、愛好家あるいは初心者庭師と推測され、既存の水耕法システムを持っている人々です。」

「水耕法は、多くのスペースを持っていない都市の環境には実際に大きい。それを屋内ですることができます。」

「しかしま、通常、産出量がずっと高いので、それは誰にとってでも素晴らしい。より短い期間により多くのプラントを得ます。したがって、フルシーズン待つ必要はありません。」

コンテンツという考えを共有するこのデジタル世界では、Bitponicsはさらにコミュニティー要素を含んでいる。
マイケル・ドハティーは、それはその分野において独特であると言った。

「私たちがそうであるように、Web対応のコミュニティー様相があるオートメーション装置はありません」と彼が言った。

ユーザーのオンライン・コミュニティーは、成長計画を共有することができる。
そこでは、プラント、および項目用の他のものと仕事をしないものが特別のシステムで設けるものを共有することができる。

「結局、私たちは、あなたが何でも見つけることができる図書館を持つでしょう」と彼が言った。

商用レベルで、水耕法は米国に温室野菜生産で最も使用された技術である、とCEAコーネル大学のテクノロジー・トランスファー・センターの管理者メリッサ・ブレンチナー博士(Dr Melissa Brechner, director at the CEA Center for Technology Transfer at Cornell University)は言っている。

自分の温室の中で水耕法技術を使用することから利益を出すことを期待する任意の個人がいなかったならば、メリッサ・ブレンチナー博士には、
「企業としてではなく趣味としてそれを最初に試みる。」
「私は、ローカルに生成された食物に対する非常により多くの関心を見ました。また、それは何人かのより小さな栽培者のために市場を開きました。」
「しかし、喜んで時間を入れてもよいが、恐らく1つの温室価値のレタスから全生活を送るつもりのことができません。」
「私たちは、温室を所有する第三者がそれで利益を出すと通常言います。」と助言する。

水耕法と、一種の水耕法、しかし、栄養になる豊富な水の中で成長するのではなく、大気とプラントの中で成長する、栄養素が吹きかけられるaeroponics技術は、ビジネス自体によってますます利用されている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告