2013-05-23

私たちの銀河中の新種のオブジェクト「Magnetar SGR 0418」

NASAは、る私たちの銀河中の新種のオブジェクト「SGR+5729 0418(略してSGR 0418)」と呼ばれる写真を公開した。

NASAのプレス・リリースによれば、「SGR 0418」は、比較的遅い回転速さを持っており、X線の時々の大きな突風を生成する一種の中性子星「magnetar」である。

これらの爆発の中で放射されたエネルギーのための唯一の妥当性のある出所は、星に格納された磁気エネルギーである。

ほとんどのmagnetarsには平均中性子星よりも10〜1000倍強く、それらの表面上の磁場が非常に高い。

新しいデータは、「SGR 0418」がそのパターンに適合しないことを示した。

それには主流中性子星のそれに似ている表面の磁界があった。

左側のイメージでは、NASAのチャンドラX線観測衛星(Chandra X-ray Observatory)からのデータの中間中でピンクの出所として「SGR 0418」を示している。

ラパルマのウィリアム・ハーシェル望遠鏡(William Herschel telescope in La Palma)からの光学データおよびNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)からの赤外線データは、赤、緑および青の中で示されている。

右側に、「SGR 0418」の近景を示すアーティストによる解説図の印象がある。

この実例は、magnetarの弱い表面の磁界、および星のより熱い内部中の比較的強い、傷アップ磁界様子見を強調している。

チャンドラで見られたX線の放射は、実例中で示されない小さなホット・スポットから来る。

爆発の終わりに、約12kmの全体の星のための半径と比較して、このスポットは半径約160mだけを持っている。

研究者は、NASAのスウィフトおよびRXTE衛星と同様にESAのXMM-ニュートン、チャンドラを使用して、」SGR 0418」を3年以上の間のモニターした。

それらは、測定により、どのように、X線の爆発中のその回転速度変更して、外部磁界の強さで、正確な評価を作ることができた。

これらの爆発は、恐らく表面以下に位置する、より強い磁界のストレスの強化によって促進された中性子星の外皮中の破砕によって引き起こされた。

その磁界は、徐々に腐食と同様に中性子星とその外皮を冷却の発展をモデル化することによって、研究者は、「SGR 0418」が約550,000歳であると推測した。

これは「SGR 0418」が、ほとんどの他のmagnetarsより古いことをします。
また、この拡張一生は、表面の磁場の強さが時間にわたって低下することを恐らく可能にした。

外皮が弱まり、内部の磁界が比較的強いので、爆発が今までどおり生じるかもしれない。

この含意は超新星爆発および数の理解のために生じる。
また、magnetarsの発展はプレス・リリースで議論されている。

「SGR 0418」は、地球から約6,500光年の銀河系に離れて位置する。

「SGR 0418」に関するこれらの新しい結果は、オンライン版アストロフィジカル・ジャーナル(The Astrophysical Journal)の2013年6月10日号で公表される。

Credits: X-ray: NASA/CXC/CSIC-IEEC/N.Rea et al; Optical: Isaac Newton Group of Telescopes, La Palma/WHT; Infrared: NASA/JPL-Caltech