2013年05月23日

フランスのジスカール・デスタン元大統領は、パンダに襲われた。

BBC Newsは、元フランス大統領ヴァレリ・ジスカール・デスタン(Former French President Valery Giscard d'Estaing)は、彼が以前、檻に入ることを自分で挑んだ時、パンダがジャンプし、襲われたことを明らかにしたと報告した。

彼は「大統領の勇気」をテストすることに決めた時、彼の娘は実務経験上にいて、パリで彼がのヴァンセンヌ動物園(Vincennes Zoo in Paris)を訪れていたと言った。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

パンダは彼の上に飛び、スタッフがその爪から彼を解放しなければならなかった、と87歳のジスカール・デスタンが会議で伝えた。

エディンバラ動物園(Edinburgh Zoo)のエキスパートは、前リーダーが幸運に逃れたとBBCに伝えた。

動物園でのジャイアントパンダの管理者ライン・ヴァレンタイン(Iain Valentine)がBBCニュースのWebサイトで「それらは菜食の熊であるが、明らかに、その日の終わりに、パンダは、一致するべき歯および爪を備えたまだ非常に強力で筋肉熊です。」
「自然によって特に積極的でありませんが、パンダはこの可能性を持っており、まさに領土の動物です。2歳のときの下の子供の動物で入ることができます。しかし、この時代の後、私たちは実際にそれを推奨しようとしませんでした。また、確かに、キーパーは私たちのジャイアントパンダと同じエリアにいません。」と伝えた。

1974年から1981年まで大統領であったジスカール・デスタンは、北の中央部ロアールエシェール(Loir-et-Cher)州の中心地ブロア(Blois)での出来事で話していた。

火曜の夜、彼のスピーチ・ビデオは木曜日に全国メディアによって循環しました。

パンダが中国から、前任者大統領ジョルジュ・ポンピドゥー(Georges Pompidou)まで贈り物だったと彼は言った。

「それらはその爪から私を抽出するために来たが、何が言われたか想像します、動物を打った、私、地面へ。」
1.89m(6フィートの2in)の背の高い大統領は、有名な聴衆から笑いに注意された。

ジスカール・デスタンは、そして最近のフランスの大統領で、最も尊大でないにしても、その中で最も貴族的で、最も養われたとして、しばしば尊重されている。

中国は、パンダ外交の次ぎに、IP窃盗外交を開始している。

2013-05-23---米国報告書は中国に、IP窃盗で警告!
2012-10-14---中国の科学者は、有史以前に人がパンダを食べたと言った。
2012-09-29---フランスの元大統領ジスカール・デスタンは品物を競売。
2011-11-13---パンダの保護をあきらめるべきか?
2009-08-17---パンダの性的衝動を駆り立てる「パンダ・ポルノ」ビデオの必要性。
2005-04-03---中国のジャイアントパンダがブロードバンドを確保した!
1986-06-01---人工授精でトントン(童童)が生まれた。
1985-06-27---「ホアンホアン」が人工授精で第1子を出産した。
1983-03-18---中国に「パンダの郷」ができた。
1980-01-29---パンダの「ホワンホワン」が上野動物園に到着した。
1979-09-04---パンダ「ランラン(蘭蘭)」が死亡した。
1975-09-14---ジャイアントパンダがロンドン動物園に到着した。
1972-11-05---パンダのカンカンとランランが公開された。
1972-11-04---雄のカンカンと雌のランランのパンダ歓迎式典が行われた。

ヴァンセンヌ動物園(Vincennes Zoo in Paris)のGoogle Earthポインター情報
48°49'57.27"N, 2°25'5.97"E
または、
48.832575, 2.418325

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告