gaYa広告

2013年05月23日

香港のMPayMe、First Dataとアジア太平洋連合で提携。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、香港が本拠のモバイルペンイメントの専門家MPayMeは、ファースト・データ(First Data)と提携したと報告した。
それによってペイメント・プロセッサーは、MPayMeのアジア太平洋地域の提供で、販売人と再販業者を一手にすることになる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ユーザーは、MPayMeのZnapモバイルAppによって、スマートフォンでオンラインと店内での購入のペイメントを含む、多くの異なる支払をするときQRコードを走査することができる。

その後、ユーザーは、処理を終えるために短いPINを入力することになる。

MPayMeは、そのアプローチがユーザーの長いオンライン解析プロセスを回避できると言った。

その会社は、イギリスと米国と同様に、インドネシア、タイ、オーストラリア、香港および日本を含む2013年7月からの多くの市場全体でそのサービスを運営している。

より大きな有効性は2014年の始めまでに始まる。

Znapは、iOS 5.0とアンドロイド2.2で実行するスマートフォンに作用し、まもなくブラックベリーとウィンドウズ・フォンで利用可能になる、とMPayMeが言った。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。