gaYa広告

2013年05月23日

Boostは、前納型モバイル財布を着手。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、米国で3番目に大きい携帯電話会社スプリント(Sprint)のプリペイド・ブランドBoostが、お金を支払うために、国内のトップ・アップと国際プリペイド・ワイヤレス・アカウントを転送できるバイル財布(mobile wallet)を発表したと報告した。

もうすぐ始まるサービスの特徴は、プリペイドのユーザーがデジタル財布アカウントの中で、携帯電話と預金の資金上の小切手を走査することを可能にする。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

物理的な処理についてBoostはプリペイドのビザカードを供給している。
それはモバイル財布にリンクされる。

キャッシュは認可された出口として財布アカウントに載せることができる。

プリペイドのビザカードで、ユーザーはATMアクセスでき、ビザの借り方が受理され、どんな場所でも、費やすことができる。

ただし、ビザの借り方を使用すると、金利がつき借金になる。

本来なら、このようなビザカードのサービスではなく、携帯電話事業者が超小型のミニ銀行をそれぞれの販売店で展開すべきである。
これが、米国を襲っているクレジットカードに呪われたお化け現象である。
つまり、リアル・マネー以外は、クレジットカードと言う概念から逃れられなくなっている。
しかし、モバイル・マネーはそれらと全く異なった概念である。
携帯電話事業者の提携の方が裾野は広いことを忘れている。
そして、それが携帯電話事業者の生き残る重要なターンポイントである。

これからは、通信事業ではなく、コンテンツ事業になると言われている時代に、一番重要なコンテンツをエラーの多い問題の銀行やクレジットカード会社に委譲して、通信事業だけで生き残れるのだろか?

スプリントの製品プラットフォームとサービスの副社長ケビン・マクギニス(Kevin McGinnis, vice president of product platforms and services at Sprint)は、
「プリペイドのセグメントは成長し続けています。また、消費者の代替の金融サービスの使用は上昇中です」と言ってる。

顧客が135カ国以上で家族と友達のもとへ金銭を送ることをモバイル・マネー・サービスが可能にするとスプリントは付け加えた。

Wipitによって開発されたBoostモービル・ウォレットの適用は、
モバイルペンイメント・ベンチャーは預金してなく、アンダー積み上げられた消費者のために役立つことに注目した。
グーグル・プレー・ストア(Google Play Store)で無料ダウンロードとして利用可能になっている。

発表参照として、預金してないことに関する2011年のFDICの全国調査「2011 FDIC National Survey of Unbanked and Underbanked Households」は、20%以上の国の世帯が代替金融サービスに依存すると言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告