2013年05月23日

ソーラー・インパルスは、新しい距離記録をセット。

BBC Newsは、ソーラー・インパルス機(Solar Impulse plane)は、アメリカ横断の旅行の第2のソーラー・エネルギーで動く飛行のため、水曜の夜に新しい距離記録をセットしたと報告した。

技術はアリゾナ州フェニックス(Phoenix, Arizona)からの18時間のフライトの後に、テキサスダラス(Dallas, Texas)に到着した。それは、1,541km(958mi)のフライトであった。

次週に、さらに7月前半にニューヨークに向かう前にセントルイス(St Louis)、ミズーリ(Missouri)およびワシントンDC(Washington DC)に立ち寄る。

このプロジェクトは、再生可能エネルギーの能力を披露することを目標としている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ソーラー・インパルスHB-SIAはエアバスA340と、同じ翼幅で、1.6メートルトンの重量である。
それに比べれば、A340は、重さ約370メートルトンである。

飛行機の翼およびスタビライザーはほぼ12,000の太陽電池で覆われている。
4本のプロペラを運転し、夜間の飛行のために飛行機に搭載された400kgのリチウムイオン電池に蓄電される。

これは、太陽エネルギーで飛ぶ最初のアメリカ大陸横断飛行であるとみなされている。

ソーラー・インパルス共同創立者でパイロットのバートランド・ピカール(Bertrand Piccard)とアンドレ・ボッシュベルグ(Andre Borschberg)が、2015年に大洋の横断フライトと最終的に世界一周のフライトを試みる前に、プロトタイプ航空機を備えた最後の展示になる。

この技術は、既に2011年のソーラー・パワー機の最初の国際便のためのレコード、2012年第1相互大陸の飛行を保持している。

2人のスイス人のパイロットは旅行中に交替する。
2013年05月22日水曜の飛行は、アンドレ・ボッシュベルグによって操縦された。

アンドレ・ボッシュベルグは、26時間を超えてソーラー・エネルギーで動く技術の最も長く永続する飛行で、さらに2010年に作られた記録を保持している。

「このレグは、特に上陸でかなり強風のために挑戦していました。」
「さらに、それは、太ソーラー・パワー機で今まで空輸された最長の飛行距離でした。」とアンドレ・ボッシュベルグが言った。

「パイロットがオートパイロットなしで20時間を超える時間、目が覚めている必要があると理解しなければなりません。」
飛行機は、18時間続くフライトで、5月前半にアメリカ横断でサンフランシスコ(San Francisco)とフェノックス(Phoenix)の間で、最初のレグを完成した。

Across Americaプロジェクトは、持続可能なエネルギー技術を開発し、採用するために、ペアのクリーン生成イニシアチブ(Clean Generation Initiative)、政策決定者を激励する努力およびビジネスと一致したと言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。