2013-05-23

日経平均が7.3%の下落。市場はかき濁された。

AP通信は、日本が2年以上前に壊滅的な津波によって攻撃され、それ以降で日本の株価が最大の下落を記録し、世界中の金融市場は木曜日にかき濁されたと報告した。

これを聞いた瞬間、馬鹿な米国経済通が、ドジな発言をしたと感じた。
それは同時に、米国の経済をかき乱す。
しかし、それらはすべて一過性に過ぎない。

日本国債の中のスパイクを含めて、産出する、また製造する中国の不意に弱いなど、いくつかの理由は7.3%の下落で、14,483.98まで日経平均株価に落ちた。

いつ貨幣の刺激のうちのいくらかを引き出し始めるかに関する米国連邦準備制度理事会(U.S. Federal Reserve)からの複雑なメッセージは、さらに木曜の退却に寄与した。

連邦準備局議長ベン・バーナンキ(Fed chairman Ben Bernanke)からのコングレスの議員への書かれた水曜の証言は、中央銀行はまだそのスーパー金融緩和政策を変更する準備ができていなかったという合図に現われたが、最後の賃率設定会議の議事録のコメントは、資産購入のペースが遅くなるできたという推測を引き起こした。

過去数年にわたるグローバルな株式市場の回復の多くは、中央銀行、特に連邦準備局の刺激プログラムを追求したように、金融市場を通って空輸される余分な流動性に原因がある。

この新しい流動性の撤回は、特にストックに対する最も大きな脅威として暫くの間見られた。

「ムードは貪欲なことから、恐ろしいことまで変わった。」とIGの市場アナリストのクリス・ボーシャン(Chris Beauchamp, market analyst at IG)が言った。

ヨーロッパで主要なイギリスのシェアのFTSE 100インデックス(FTSE 100 index)では、どれが約75だけだったかはその今までで最も高いことから指し、水曜日に、6,710で1.9%下がって閉じた。

フランスのCAC-40が3,956で2.3%低かった。
一連の最高値に最近達したドイツのDAXは、2.6〜8,306%暴落した。

水曜日に急激に落ちた米国の株は開いたので、より多くの下落の用意を整えた。

ダウの先物(Dow futures)は0.9%低かった。
その一方でより広いS&P 500先物(S&P 500 futures)は1.2%落ちた。

それらが傾くなかで、日本の日経は、2011年3月以来の最も大きな矮小になった。

グローバルなインデックスのある種の下落は、特に日経の中で、多数が史上最高値を記入するのを見た実行に続いて予想された。

Rabobankインターナショナルのアナリストであるジェーン・フォーリー(Jane Foley, an analyst at Rabobank International)が
「株式市場がこれらのヘッドラインに非常に激しく夜通し降りかかったという事実は、恐らく、投資者が最近の数か月にあまりにも多くの豊富に対して、罪があったことを示します。」と言った。

他のところでは、香港のHang Sengは、2.5〜22,669.68%落ちた。

韓国のKospiは、1.2〜1,969.19%失われた。

オーストラリアのS&P/ASX 200は、2〜5,062.40%落ちた。

一連の金融資産を横切って大きな動きがあった。

通貨市場では、円が日本の産出の上昇に続く主導者でした。

水曜日にドルに対して約5年で最低値に落ちた後、円は強く立ち直った。

ドルは、101.39円で1.7%低く落ち、以前の低値100.86円で取り引きしていた。

原油価格は、また世界成長環境に対する懸念の中のkoshの下にあった。
ベンチマーク・ニューヨーク・レートは、1バレル当たりUS$93.09でUS$1.19下がっていた。

しかし、それが不確実性の時に避難所としてそのステータスから利益を得たとともに、金は需要があった。

それは、1オンス当たりUS$1,385で1.3%上昇した。

今市場の主な討論は、木曜の開発が今年多くの投資者の心を引きつけた多幸症の終了を示すかどうかである。

GFT市場の市場戦略家Fawad Razaqzadaが、
「ここの堅実な業績は、連邦準備局から鳴り響き、結局次にはもっと先に主な索引を量ることができた鷹のような音を単に増すでしょう」と言った。

ただし、日経新聞は2013年05月23日の日経平均株価の急落は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)の悪化ではなく、相場過熱を警戒する投資家の不安心理が引き起こしたという色彩が強い。超高速取引もかく乱要因となった。この先の株式相場はどう動くかを市場関係者に聞いたところ、日経平均の下値のメドは1万4000円前後で、調整は一時的なものにとどまるとの見方が多いと伝えている。