2013年05月17日

アップル・ロゴは、実際に黄金比?

quora.comは、Quoraの製品デザイナーであるデビッド・コール(David Cole)は、ミルズ・ベイカー(Mills Baker)、ヨエル・ローベンシュタイン(Joel Lewenstein)、エードリアン・ルーカス・エコフェット(Adrien Lucas Ecoffet)など、1970年代の多くに、何年の魅了されてきた。

また、今週、、このポピュラーなグラフィックが再びまだ突然飛び出るのを見た。

このグラフィックが正体を暴露されたのを見た。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

したがって、自分のためにこれに対して、決定的に答えることが最後の時間であると、ビッド・コールは決定した。

これを研究する際に、見に行く最初のものとして、ロゴ・デザイナーのロブ・ジャノフ(Rob Janoff)のプロセスに関して話したかどうかであるように見えた。

確かに、ロブ・ジャノフは、インタビューで形の発展に取り組んだ。
りんご形は80年代の初めにわずかに、オリジナルの設計から変わった。

デザイン会社ランドー&アソシエーツ( Landor & Associates)が変更した。

それらは色を明るくし、それらは形を、より幾何学的で、はるかにより対称的にした。

それをデザインした時、ほとんどそれを手書きであった。

古いアップルの手回り品から例を引き上げることは、ロゴが厳密な幾何学に明らかに頼っていなかったことを確認した。

オリジナルのロゴは、私たちが今日知っている数学的な傑作(mathterpiece?)ではなかった。
しかし、恐らく、それらが改良した時、ランドー&アソシエーツは黄金比を導入した。

それらの設計過程に関してオン・ラインの情報を見つけることができなかった。
しかし、ランドー&アソシエーツが80年代の初めにその作業をした後、アップル・ロゴの例を見ることで、私たちが今日知ることができるロゴにはるかに接近していたことが分かった。

これはオリジナルのマッキントッシュ用の販売員便覧からであった。

ここで、形はより多くの正方形で対称的で、より単純で、より厳密なカーブによって定義され、ラインは手書きではなかった。

しかし、それは黄金比に帰着していたか。

デザイナーから直接の情報ではなく、私たちの最良の策はロゴを私たち自身で検査することであった。

すべてのアップル・コンピューターは、ロゴのベクトル・カットをユニコード・シンボルの形で含んでいる。

さらに、アップルは、ロゴのベクトル・バージョンを含んでいる財産を含む彼らのサイト上で報道資料を直接提供している。

プレスキットに含まれていたファイルのうちのいくつかは高解像度ディスプレイ向けであった。
したがって、使用されるロゴ長所が、私たちの議論には十分に同時代にあったと仮定することは安全であると思えた。

興味深いことに、ユニコード・シンボルおよびプレスキット・シンボルは、実際に異なる幾何学書を厳守していた。

変わりやすさのこのレベルは、ロゴの幾何学が例外的に厳密ではないことを示唆した。
それはアップルが無慈悲に、この完全な形を機械加工したという概念からのマジックのうちのいくらかを吸収した。

しかし、それをわきに置き、それを仮定して、ロゴの最も最近の最も洗練されましたカットを使用することにした。

私たちの手段を停泊させ始める最も単純な場所は円で、直径がその正確なサイズの円を作成することを簡単にする別のものへの形の中で、1ポイントから走るので、図形のうちの「13」をマークした。

次のステップは、カーブに円を一致させて、それらの相対的な直径が図形と一致するかどうか確かめることを始めることであった。

結局のところ、アップル・ロゴ中のほとんどの大きなカーブは実際に円弧ではなかった。

例に葉を挙げて、弧が始めと終わりの両方で円と交差するがそうでなければ、一貫して同じカーブに続かないことが分かった。

葉のこの弧は実際に異なる半径を備えた2つの別個の弧であった。
そこで中間点を見ることができる。

これは実際にロゴ中のほとんどのカーブの場合であった。

カーブが円弧でない場合、一つは、このロゴを生成するために実際に円を使用することができない。
また、1つも正確にそれらの同等を評価することができない。

しかし、それを許し、そして最良のものとして近似、私たちができる、より多くの変化の受理をした。

それらがロゴとほぼ平行になるまで、8のサイジング円で始めた。

ここに、その結果があった。

既に、大問題を持っていた。

7.5と8.5の間の差は、1.53と1.73の差で黄金比価値を持っている。

何て重要な違いかと思い浮かべるために、ここに、1.73から形成された「黄金比の」長方形がある。

実際に無理数に対する信頼を置くというつもりならば、これは劇的な量の変わりやすさであった。

しかし、これをまた許し、グラフィックによって示されたスペースの非常に荒い区分を見た。

8と5が、その3に遭遇するその左下隅は、深く疑わしい。

したがって、一旦設計の実際の非円形カーブを計算に入れれば、変わりやすさの関係が完全に無意味であることを実際に実証し始めた。

無理数はこの大きさで緩く接近することができる曖昧なものではない。

3:4.4:7.5はもはや数学ではない。

リジナルの値を受理する場合、これらは触れさえしない。

バーがそれほど低い場合、無限にサイズを減少させる円で満たすことができないものは何も正確にありない。

葉はそれ自身黄金比からの派生であった。

ヘルベチカ中の主要なTを考慮することで時間をとると、この文字はあたかも水平・垂直のストロークが同じ幅を持つように見えるように構築されている。

ここに、それらがどのように実際に次のものと比較するかができるか、
それらは実際にやや異なっていた。

しかし、目が正確な幾何学が正確な幾何学であるのに実際に気づかないので、文字は作動している。

もしそれらが同じ幅ならば、水平のストロークは実際により厚く見える。
また、それは奇妙に見える。

それは逆で、実際の視覚的なリズムは正確によって傷つけられる。

この事実は、私たちがデザインの発言を得る場所である。
それは、それがちょうど見る場合、正しい。

したがって、奇妙な方法ではないので、それがあるシステムを厳守するように、アップル・ロゴは感じる。

文字やロゴを数学的に作りすぎると、違和感が生まれるというのは事実である。
例えば、1923年にドイツのバウハウスで非常勤講師として勤めたパウル・レナー (Paul Renner) によって発表されたフーツラ(Futura)は、もっとも幾何学的な文字として知られるが、この文字を本文に使うと、非常に読みにくく、違和感を感じる。
フーツラを分析したドイツの書籍では、さらにその発展系を分析している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告