gaYa広告

2013年05月11日

イギリスのテムズ川河口、50年分のごみ埋立地が自然保護区。

AFPは2013年05月13日に、ロンドン(London)の6つの区から出た50年分のごみが埋め立てられた埋立処分場が希少な鳥、ハチ、爬虫(はちゅう)類のための広さ120エーカー(約49ヘクタール)の自然保護区に姿を変えたと報告した。

長年自然番組の制作を手がける英動物学者デービッド・アッテンボロー(David Attenborough)によって、ロンドン東部のテムズ(Thames)川河口北岸のマッキング(Mucking)に2013年05月11日に、サロック・テムズ河岸自然公園(Thurrock Thameside Nature Park)として、正式に開園した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

自然保護団体「エセックス・ワイルドライフ・トラスト(Essex Wildlife Trust)」がこの地を草原、森林、池、アシ群生地に回復。ヒバリ、クサリヘビ、マルハナバチの一種、ミズハタネズミなどの希少種や絶滅の恐れのある種を引きつけていてる。

全国47の地方自然保護団体を代表する「ワイルドライフ・トラスト(The Wildlife Trusts)」によると、自然保護区は最終的に845エーカー(約340へクタール)まで拡張する予定で、これは、ロンドンのリージェンツパーク(Regents Park)の約2倍の広さに相当する。

ワイルドライフ・トラストによると、自然保護区は深さ30mの「パイ状」の埋立処分場の上に作られた。
園内のビジターセンターには建物の下に埋め立てられたごみを安定化するための油圧ジャッキが設置され、公園内には網目状に広がる遊歩道、乗馬道、サイクルロードが整備されている。

ワイルドライフ・トラスト名誉会長のアッテンボローは「われわれは過密した国に暮らしており、維持していくためにはその限界を顧慮する必要がある。このような好ましい変化が模範となるべきだ──英国全土のワイルドライフ・トラスト(地方団体)はその実現に尽力している」と語った。

埋立処分場の所有会社によると、首都ロンドンのごみは今もテムズ川を船で運ばれてくるが、現在は「廃棄物エネルギー化」処理場で処理され、10万戸に電力を供給するのに十分な発電を行っている。

サロック・テムズ河岸自然公園(Thurrock Thameside Nature Park)のGoogle Earthポインター情報
51°29'56.39"N,0°26'19.02"E
または、
51.498997, 0.438617

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。