2013-05-15

15歳の子どもにより、コカ・コーラの「レシピ」を落札。

美容と医学の科学

AFPは2013年05月16日に、米国のコカ・コーラ(Coca-Cola)社の「極秘レシピ」を記した可能性のある第2次世界大戦(World War II)時代の文書が、大手競売サイトのイーベイ(eBay)で2013年05月15日、15歳の子どもにより落札された。
ただし、落札者はUS$1500万(約15億円)を3日間で用意しなければいけない。

売りに出された文書は、テネシー州で行われた不動産売却の際に見つかった。
1943年1月付けで、タイプライターで書かれ、紙は黄色く変色している。
eBayには、ジョージア(Georgia)州の古美術商、クリフ・クルージ(Cliff Kluge)が、世間の注目を集める目的で最低落札価格をUS$500万(約5億円)で出品し、即決価格をUS$1500万ドルに設定した。

クリフ・クルージは「(もしきちんとした買い手が現れたなら)すばらしかっただろうが、15歳の子どもがUS$1500万で入札した。これは有効なものではない。」と語った。

だがクリフ・クルージはこれにめげず、再出品するつもりだという。
15歳の落札者がこの巨額を準備できる可能性は低いがeBayの規則で定められている通り、3日間待つ予定にしていた。

コカ・コーラ社によると、起源を19世紀の特許医薬品までさかのぼるコカ・コーラの製法は極秘とされ、ジョージア州アトランタ(Atlanta)のコカ・コーラ博物館の金庫に厳重に保管されている。

クリフ・クルージは売りに出した文書について「これがオリジナルのレシピだとは証明できない。世界で2人(ともにコカ・コーラ社の経営幹部)しか知らないので、誰にも証明はできない」と述べている。

AFPは2011年02月16日に、米国のラジオ番組「This American Life」が放送で、門外不出とされるコカコーラ(Coca Cola)の製法を入手したとし、その内容を明らかにしたと報告した。

それによると、オレンジ・オイル20滴、レモン・オイル30滴、ナツメグ・オイル10滴、コリアンダー・オイル5滴、ネロリ・オイル10滴、シナモン10滴、アルコール8オンス、ライムジュース2パイント、バニラ1オンス、砂糖30ポンドなどなどと記されている。

2011-02-16---コカコーラ(Coca Cola)の製法を入手!?
2011-05-08---コカ・コーラ誕生125周年。

Related Dates