on-the-time.jp

2013-05-16

マリファナは、糖尿病になる危険を減らすかもしれない?

美容と医学の科学麻薬とメディア

カナダのGlobe and Mailは、マリファナの喫煙は、糖尿病になる可能性を減らすことができるかもしれないと報告した。

米国の研究で、規則的に吸収する人々がそれを吸わない人々よりその病気のため、少数の危険要因を持っていることが分かった。

確かに、マリファナ常用者は、節制家よりよい血糖量コントロールをするように見えた。

US CDC(U.S. Centers for Disease Control/米国疾病対策センター )によって2005年から2010年の間に実行された全国健康および栄養調査に参加したグループの大人に基づいて発見された。

[AD] You can advertise on this site.

それは、合計4,657人が薬使用アンケートに答えた。

それらの参加者のうち、579人はカレント・ユーザーであった。
1,975人は元マリファナ喫煙者で、また、2,103はマリファナを吸入していなかった。

参加者は、さらに9時間の後に朝、血液サンプルを速く提供することを含んで、一連の医学のテストを受けた。
それは、人の血糖量コントロールに関する価値のある手掛かりを提供した。

このデータはすべて、ネブラスカ大学のエリザベス・ペナー(Elizabeth Penner of the University of Nebraska)によってリードされた研究者によって分析された。
彼らは、研究参加者の間のインスリン感受性のような糖尿病危険要因を捜した。

その結果は、アメリカン・ジャーナル・オブ・メディシン(American Journal of Medicine)で2013年05月16日に紹介された。

The Impact of Marijuana Use on Glucose, Insulin, and Insulin Resistance among US Adults
Elizabeth A. Penner, BS, Hannah Buettner, BA, Murray A. Mittleman, MD, DrPH
published online 16 May 2013.

PII: S0002-9343(13)00200-3

doi:10.1016/j.amjmed.2013.03.002

インシュリンは、血流から、それがエネルギーに使用される細胞へグルコース(あるいは砂糖)を移動させるホルモンである。

健常人では、「あなたの膵臓から分泌されるインシュリンの量はよい安定したレベルに血糖量を維持するために変わる。」ということを研究の上級の著者ボストンのベス・イスラエル慈善事業婦人係メディカルセンターのマレー・ミッテルマン博士(Dr. Murray Mittleman at the Beth Israel Deaconess Medical Center in Boston)が説明した。

しかし、インスリン抵抗性として知られている条件で、タイプ2糖尿病の人々は十分なインシュリンを作らない。
あるいは、それらの身体はホルモンに適切に応答しない。

人が糖尿病への道を下って率いられれば、いくつかの危険信号は、食べない長期間の後に得られた血液サンプルの分析で現われる。

また、研究者がまだ説明することができない理由で、マリファナ消費は、ほとんど信じられない、いくつかの健康結果に関係していた。

いくつかの研究で、例えば、「マリファナ常用者はそれらが平均でより高い熱量摂取量を持っているという事実にもかかわらず非使用者より細い傾向がある」ことが分かった、とマレー・ミッテルマン博士が言った。

しかし、インドアサには下降がああった。

マレー・ミッテルマン博士は、彼が数年前に共同執筆した研究で、少なくとも簡潔に、マリファナが心臓に悪くなりえることが分かると述べた。

「マリファナを吸った直後に、心臓発作の危険に一時的なスパイクがあります。」
その短期の危険は、THCの突然の突風を受け取ることではなく「プラント燃焼生成物を吸入する」ことと関係があるかもしれない。

薬自体かどうか。

マリファナの有効成分。あるいは、それが吸われているのが事実でも、錠剤の中でのようにした場合は、完全に明らかでない。
また、薬を使用する他の形式を見た多くの研究はまだない。

マレー・ミッテルマン博士は、より多くのインドアサ研究のための時間であると考えている。
特にマリファナが今、高齢者の個人によって消費されているので、心臓病の基礎となることに苦しむかもしれない。

時間とともに、ユーザーの年齢構成は変わった。

い人々によってほとんど使用されていた過去に、それは、心血管障害および他の慢性病の非常に低い危険を持っていた。
それは変わった。
また、現在、マリファナを使用し続ける高齢者の個人で、より多くの人口を持っている。

マレー・ミッテルマン博士は、特により多くの州政府が医学あるいは娯楽目的のいずれかのためのマリファナを合法化している米国で、高齢者の喫煙者の集団が増大し続けるだろうと予期している。

中世からの薬草学の本では、必ず登場しているが、法的に禁止になったことから、研究が遅れているのかもしれない。

2013-05-11---頻繁なマリファナ使用は、膀胱癌の危険縮小に結び付けられた。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.