on-the-time.jp

2013年05月17日

ヒトラーの影の中で見られた、ドイツの20世紀アート。

BBC Newsは、アンドリュー・グレアム=ディクソン(Andrew Graham-Dixon)のドイツのアートに関する研究シリーズは、20世紀の暗く騒然たる歴史の調査で締めくくッたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

このアンドリュー・グレアム=ディクソンのドイツのアートに関する研究シリーズ、
2013年05月03日に、「Early German art: Defined by contradictions(矛盾によって定義された初期のドイツのアート」
2013年05月09日に、「Is Wagner’s Nazi stigma fair?(ヴァーグナーのナチ汚名は明瞭か?」
2013年05月10日に、「Romantic German art: Out of the darkness(暗さから、ロマン主義のドイツ・アート)」
に続いた。

深く保守的な味を持った失敗した芸術家アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)は、ヨーロッパの残りに対する彼の総力戦を予示した現代主義者芸術に対して宣伝戦を行なった。

バウハウス(The Bauhaus)は、その清潔なラインとコミュニティー美学で、「現代風のるつぼ(the crucible of modernism)」と評された。

それは、ヒトラーが有害な脅威として見たものの典型であった。

ヒトラーは、アーキテクチャーが特に好きであった。

彼は、まさに彼が1945年に燃料庫の中に隠れた時、ヨーロッパの新しい首都としてベルリンを再建し、リンツの彼の「故郷」を改造する考えに取りつかれるようになった。

アンドリュー・グレアム=ディクソンは、戦後の芸術家が忘れたい国と、どのように芸術的に取り引きしたかへの、ドイツのアートがその暗い過去と最後に折合いがつくという、現代のベルリン・サイン中で、その発見の注視があった。

スティーブ・ジョブズの死で、彼のデザインセンスを生かした経営能力が注目されている。
これかで、ハーバード大学ビジネス・スクールが発行したMBA(Master of Business/経営管理学修士)を注目してきたヘッド・ハンティングの失敗が続く中、アート感覚が、21世紀の経営能力に不可欠になり始めている。

実は、ソニーも東京芸術大学を卒業した元社長でチェアーマンとして1982年から1995年まで会社を率い、CD(compact disc/コンパクト・ディスク)の開発で賞賛された大賀典雄(Norio Ohga)が、見直されるべき時期に来ている。

2011-04-23---ソニーの「CDの父」が81歳で死去した。
2013-02-20---アップルのチェアーマンが、スティーブ・ジョブスの後のアップルについて語る。
2013-05-13---私は、スティーブ・ジョブスのデザインのセンスを持ったらと思う。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。