gaYa広告

2013年05月17日

人喰いバクテリア症の犠牲者は、義手を得た。

美容と医学の科学

AP通信は、Ohio Fridayからの情報として。人喰いバクテリア症(Flesh-eating disease victim)にかかった後に、彼女の両方の手、左脚および右の足を失ったメトロ、アトランタの女性は、金曜日に義手が取り付けられた後にオハイオから帰り道にいると報告した。

彼女の父親アンディー(Andy)が、25歳のエーメ・コプランド(Aimee Copeland)は、オハイオ州ヒリアード(Hilliard, Ohio)で彼女の機敏に改善する24のプログラム可能な機能を備えた1組の「バイオニクスの」手を彼女は取り付けられ、戻っている、とAP通信社に伝えた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

Snellvilleのエーメ・コプランドは、ジップ・ラインから落ちて、彼女の脚を深く傷つけた後に、2012年5月に壊死性筋膜炎(necrotizing fasciitis)と呼ばれるまれな伝染病に感染した。

彼女は、アトランタのリハビリテーション・クリニックであるシェパード・センターで、学習で移動し、食べて、補綴学なしで入浴して、2か月を過ごした。

彼女の父親は、彼女の筋肉運動および腕位置によってコントロールされるだろうと言う義手に適合されているタッチ・バイオニクスで、その週の一部を過ごした。

コプランドは、「彼女が、4日でできることのすべてを私たちにビデオを送った。」と言った。

「彼女が、2日目カップの水を移動させていた。3日目に、彼女はキュウリをカットしていました。4日目に、彼女は顔と、より個人的なことに組立てを適用するように、より典型的なことをしていました。」
エーメ・コプランドは、タッチ・バイオニクス大使を務める彼女と交換にエーメに手が与えられたと言った。

彼は、機械的なものより、自然な移動を考慮に入れるのに共同のコンピュータ制御膝を備えた義足をエーメ・コプランドが捜し始めるだろうと言った。

「私は、ちょうど実際に彼女ができていないあるものに関する彼女の自信を回復して、彼女を楽しみにする。」と、コプランドは言った
「実際に、私は彼女の楽しむ生活をただ見たい、彼女がする方法。」とりわけ、コプランドは、義手が彼の娘が食事をゼロから準備することを学ぶのを助けるだろうと言った。

彼女は切断する前に、それを行って、それを楽しんでいた。

動かなくなった身体を思ったように動かすための方法は、手術、幹細胞移植、さらにロボット技術との融合など、一昔前には考えられなかったことが、どんどん実現している。

方法は、一つだけではない。

新しい技術を、どう組み合わせて行くかという時代に向かい始めている。

彼女は、何度も絶望を味わったことだろう。
しかし、今の彼女の笑顔は、世界中に夢を与え始めている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。