gaYa広告

2013年05月17日

乳癌のリスクは何か?

BBC Newsは、アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)は乳癌になる87%の可能性を医者が推測した後、彼女は2回の予防の乳房切除術を経験したと報告した。

では、それはどのように計算されたか?
また、それはどのように、その病気を得る他の女性の危険と異なるか?

56歳のときに卵巣癌で死んだ彼女の母親マーチェリン・バートランド(Marcheline Bertrand)からの変化させられたBRCA 1遺伝子を継承したので、乳癌になるアンジェリーナ・ジョリーの見込みは非常に高かった。

BRCA1は皆の中にあるが、それは1,000人のうち1人の中で変化した。

変化を持った誰でも、乳癌になる50-80%の機会を得ている。

しかし、アンジェリーナ・ジョリーの危険は家族歴を含む他の要因のためにさらに高いと意図された。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

「あなたが遺伝子情報、家族歴および他のものを入力することができ、それは、なぜ彼女がこの非常に正確な測探番号を得られるかであるかを計算する、様々なコンピュータ・プログラムがあります。」と癌リサーチUK上級科学マネージャーであるカット・アーネー博士(Dr Kat Arney, a senior science manager at Cancer Research UK)は言っている。

しかし、突然変異遺伝子を持っていなければ乳癌を得る見込みは何か?

それは、WHO(World Health Organization/世界保健機構)によれば、既に「先進国と発展途上国の両方で、女性のトップの癌」である。
また、多くの国々で、それはより一般的になっている。

発生率は1971年から2010年の間にイギリスで90%増加した。
それはさらに世界の発展途上で上昇している。

これは、人々がより長く生きているという事実によって部分的に説明される。
また、癌は一般に、人々に影響する疾病である。

イギリスでは、30歳前に乳癌になる見込みはおよそ0.0005%(2,000分の1)である。

それは、50歳前には、2%まで(50分の1)に、70歳前には7.7%(13分の1)に上昇する。

しかし、危険が最も高いのは70歳の後にある。

乳癌のすべての発生率の3分の1が70歳以上の女性が発症する。

全体として、イギリスで暮らしている女性は、彼女の一生に乳癌を得る割合は、12%の機会を得ている。

それは米国も同じである。

しかし、長寿を増加させることは乳癌の高い発生率のただ一つの理由ではない。

「より若い女性に割合に増加があります。また、それは多くの理由向けです。」
「私たちは、女性のライフスタイルが変わって、重量超過で、そして多くのアルコールを飲むことが乳癌の危険にリンクされることを知っています。」とカット・アーネー博士が言った。

生殖習性の変化はさらに要因になっている。

癌リサーチUKによれば、乳癌になる相対危険度は成人の女性が母親になることを延期し、毎年3%分増加すると推測されている。

母乳で育てる女性はさらに危険を減らしている。
女性が長く母乳で育てるほど、保護は大きい。
危険が母乳で育てる12か月ごとの間で、4%縮小されると推測されている。

これはまた、なぜより豊かな国々の女性が乳癌のより高い危険を持っているか説明するかもしれない。

アフリカの女性は彼らにより若い年齢で子どもがいて、それらを母乳で育てるので、その病気を得るのが、4倍すくない。
他方では、リカバリレートは先進国において、より高い。

WHOのデータは、「乳癌生存率は、低所得国で40%未満、中所得国で約60%まで、北アメリカ、スウェーデンおよび日本で80%以上。」を与える。
しかし、イギリス、および他の多くの国々で上昇する乳癌の症例の数で、何人の女性は、アンジェリーナ・ジョリーが面されたという乳房切除術をするために劇的な決定を行っているか?

最新の数字は、2010/11にイギリスで18,000の手術が実行されたことを示している。

それらのうちのいくつが予防だったかの公式数はない。

しかし、それは5-10%の間にあると推測されている。

2013-05-14---アンジェリーナ・ジョリーはダブルの乳房切除術をした。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト