2013年05月17日

乳癌のリスクは何か?

BBC Newsは、アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)は乳癌になる87%の可能性を医者が推測した後、彼女は2回の予防の乳房切除術を経験したと報告した。

では、それはどのように計算されたか?
また、それはどのように、その病気を得る他の女性の危険と異なるか?

56歳のときに卵巣癌で死んだ彼女の母親マーチェリン・バートランド(Marcheline Bertrand)からの変化させられたBRCA 1遺伝子を継承したので、乳癌になるアンジェリーナ・ジョリーの見込みは非常に高かった。

BRCA1は皆の中にあるが、それは1,000人のうち1人の中で変化した。

変化を持った誰でも、乳癌になる50-80%の機会を得ている。

しかし、アンジェリーナ・ジョリーの危険は家族歴を含む他の要因のためにさらに高いと意図された。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

「あなたが遺伝子情報、家族歴および他のものを入力することができ、それは、なぜ彼女がこの非常に正確な測探番号を得られるかであるかを計算する、様々なコンピュータ・プログラムがあります。」と癌リサーチUK上級科学マネージャーであるカット・アーネー博士(Dr Kat Arney, a senior science manager at Cancer Research UK)は言っている。

しかし、突然変異遺伝子を持っていなければ乳癌を得る見込みは何か?

それは、WHO(World Health Organization/世界保健機構)によれば、既に「先進国と発展途上国の両方で、女性のトップの癌」である。
また、多くの国々で、それはより一般的になっている。

発生率は1971年から2010年の間にイギリスで90%増加した。
それはさらに世界の発展途上で上昇している。

これは、人々がより長く生きているという事実によって部分的に説明される。
また、癌は一般に、人々に影響する疾病である。

イギリスでは、30歳前に乳癌になる見込みはおよそ0.0005%(2,000分の1)である。

それは、50歳前には、2%まで(50分の1)に、70歳前には7.7%(13分の1)に上昇する。

しかし、危険が最も高いのは70歳の後にある。

乳癌のすべての発生率の3分の1が70歳以上の女性が発症する。

全体として、イギリスで暮らしている女性は、彼女の一生に乳癌を得る割合は、12%の機会を得ている。

それは米国も同じである。

しかし、長寿を増加させることは乳癌の高い発生率のただ一つの理由ではない。

「より若い女性に割合に増加があります。また、それは多くの理由向けです。」
「私たちは、女性のライフスタイルが変わって、重量超過で、そして多くのアルコールを飲むことが乳癌の危険にリンクされることを知っています。」とカット・アーネー博士が言った。

生殖習性の変化はさらに要因になっている。

癌リサーチUKによれば、乳癌になる相対危険度は成人の女性が母親になることを延期し、毎年3%分増加すると推測されている。

母乳で育てる女性はさらに危険を減らしている。
女性が長く母乳で育てるほど、保護は大きい。
危険が母乳で育てる12か月ごとの間で、4%縮小されると推測されている。

これはまた、なぜより豊かな国々の女性が乳癌のより高い危険を持っているか説明するかもしれない。

アフリカの女性は彼らにより若い年齢で子どもがいて、それらを母乳で育てるので、その病気を得るのが、4倍すくない。
他方では、リカバリレートは先進国において、より高い。

WHOのデータは、「乳癌生存率は、低所得国で40%未満、中所得国で約60%まで、北アメリカ、スウェーデンおよび日本で80%以上。」を与える。
しかし、イギリス、および他の多くの国々で上昇する乳癌の症例の数で、何人の女性は、アンジェリーナ・ジョリーが面されたという乳房切除術をするために劇的な決定を行っているか?

最新の数字は、2010/11にイギリスで18,000の手術が実行されたことを示している。

それらのうちのいくつが予防だったかの公式数はない。

しかし、それは5-10%の間にあると推測されている。

2013-05-14---アンジェリーナ・ジョリーはダブルの乳房切除術をした。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告