2013年05月15日

火星の「カンバーランド」での探査車Curiosity。

NASAは2013年05月17日に、火星探索車Curiosityが2013年05月15日(火星の275日目/すなわちゾル275)に、その正面左のハザード回避カメラを探索車を訓練する目標とした「カンバーランド(Cumberland)」上で、腕のこのイメージに使用したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

探索車チームは、探索車の内部の実験器具による分析のため、岩の内部から粉末のサンプルを集めるためにCuriosityのドリルを使用することを計画している。

これは第2のミッションとして、岩を訓練することが目標である。

探索車は、ソル275上で、2013年05月13日のソル273および26.6インチ(67.5cm)上でカンバーランドのそばの最初の訓練する目標「ジョン・クライン(John Klein)」のそばのその位置から121インチ(308cm)の駆動を備え、その位置へ運転した。

Curiosityの火星の路程測定の合計は、今2,385フィート(727m)でである。

Image credit: NASA/JPL-Caltech

2013-01-06---火星ローバー「Curiosity」が初めて除じんツールを使用。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト