2013年05月17日

モルモン教団プレジデントの妻が死去。

AP通信は、モルモン教団(Mormon church)プレジデントの妻フランシスB.マンソン(Frances B. Monson)は、85歳で彼女の家族に囲まれ、ソルトレークシティー(Salt Lake City)の病院で金曜日の午前に死去した、とモルモン教団が言ったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

フランシスB.マンソンはスポットライトが当たることを拒んだが、女の生涯の仕事は、舞台裏で彼女を知っていた人々に対する永続する効果を残した。

彼女の娘アン・ディブ(Ann Dibb)は、彼女のママが家のまわりのなんでも修理屋の妻で、誇れる母親、それは一つの地獄であったと言った。

「私の母親は、まわりで行うことに対処し、またをファンファーレを必要としなった一人の女性でした。」
「彼女は、行われる必要があったことを認識し、それをしました。」とアン・ディブが言った。

モルモン教団プレジデントであるトマスS.マンソン(Church President Thomas S. Monson)は、彼の妻が家族の愛、同情および促進の信号であると言った。

公に、教会のほとんどの名家は、1の女家長であるにもかかわらず、彼女についてほとんど知られていなかった。

彼女は教会の半年ごとの一般的な会議で時々の姿を見せたが、彼女自身のどんなスピーチも行わないことを選んだ、とヴァージニアのハンプデン=シドニー大学での宗教の助教授で、2012年にモルモン教会に関する本を書いたマシュー・ボーマン( Matthew Bowman, assistant professor of religion at Hampden-Sydney College in Virginia)が言った。

彼女の夫は2008年2からモルモン教団プレジデントである。

「彼女はかなり静かでした。」
「彼女は表看板または有名人として見られたくありませんでした。」
とマシュー・ボーマンが言った。

死因は直ちに示されなかった。

教会は、彼女が数週間入院していたと言った。

葬式の準備は未決であったた。

フランシスB.マンソンは世界恐慌中にソルトレークシティーで成長した。

彼女は5人の子どもと両親の家庭で、最も若かった一人娘であった。

彼女は父親フランツE.ジョンソン(Franz E. Johnson)にちなんで命名された。

彼女はソルトレークシティーの東ハイスクール(East High School in Salt Lake City)を卒業し、ユタ大学で数学および科学(math and science at the University of Utah)を勉強した。

彼女はピアノを演奏し、ティーンエイジャーとして自由パーク(Liberty Park)でしばしばテニスをした。

大学在学中に、彼女は学校の授業料を払うのを支援するためにデパートの会計課で働いた。

彼女が、スウェーデン系だった夫に会ったのは彼女の大学在学中でした。

カップルは1948年にソルトレーク・テンプルで結婚した。

彼らには、
トマス・リー(Thomas Lee)、アン・フランシス(Ann Frances)およびクラーク・スペンサー(Clark Spencer)の3人の子どもがいた。

フランシス・マンソンは、バーミンガム・ローラー鳩(Birmingham Roller pigeons)を上げることを彼女の息子に教えた。

彼女は、クーポンを探索する日刊新聞ソルトレークシティー(Salt Lake City)を読んで、特売品と取り引きの両方を漁る人だった、と彼女の娘が言った。

それを見ていたカップルの3人の子どもは、母親が予算編成、簿記および取り引きを見つけることのこつを心得たと言った。

彼女は数学と科学に優れ、電気スイッチを修理し、家族のhandywomanとしてバイク、玩具および人形の家を組み立ててクリスマス午前を過ごした。

2012-11-06---写真で見たオバマおよびロムニー。
2012-07-16---「US motivational(米国の動機)」の著者スティーブン・コヴィーが死去。
2012-02-15---モルモン教は、ナチ・ハンターのサイモン・ヴィーゼンタールの親を洗礼。
2006-03-10---セックス博物館が、「モルモン・ボーイの告白)」を手伝いはじめた。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。