gaYa広告

2013年05月17日

脳の刺激は、「永続的な数学」の上昇を約束。

美容と医学の科学

BBC Newsは、脳に高頻度の電気的雑音を適用することは6か月以内後に数学技術を押し上げるかもしれない、とオックスフォード大学(Oxford University)の研究者が言ったと報告した。

現在の生物学の小さな研究は、脳刺激技術(brain stimulation technique)がニューロン(neurons)をより効率的に機能させることを示唆した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

それは、神経変性疾患(neurodegenerative illness)、ストローク(stroke)あるいは学習困難(learning difficulties)で苦しむものを支援することができた。

エキスパートは、この技術が「実際の適用されたインパクト」を持つことができたと言いました。

TRNS(Transcranial random noise stimulation/越頭蓋ランダム・ノイズ刺激)は頭皮の表面に電極を置くことにより脳のターゲットとされたエリアに任意の電気的雑音を適用することを含んでいた。

新方式の無痛で、非侵入性の比較的脳刺激である。

2つのグループへ分割されたオクスフォードの大学の51人の学生が、5日間の期間にわたる2つの算術タスクを行なうように依頼された。

1つのグループだけが毎日タスクを行なう間にTRNSを受け取った。

そのタスクは、計算(eg 32-17+5=20)および暗記学習4x8=32のようにメモリへの委託に関して参加者の能力をテストした。

オクスフォード大学の実験心理学部の研究著者ロイ・コーエン・カドシャ博士(Dr Roi Cohen Kadosh, study author from the department of experimental psychology at the University of Oxford)は、対照群と比較して、雑音刺激グループが認識と脳機能における進歩を示したと言った。

「5日間改善された計算と暗記学習の両方のタスク上のパフォーマンスおよび前の改良は、トレーニングの後の6か月まで維持されました。」
「私たちのニューロイメージング結果は、TRNSが刺激された脳エリアが酸素と栄養素のそれらの供給を使用する効率を増加させることを示唆しました。」
「研究の最初にグループ間の実行に著しい違いはありませんでした。しかし、TRNSは、計算および暗記学習タスクの両方のために学習する速度を改善するを分かりました。」と言った。

参加者が再び連絡を受けて、計算を解決させてくれるように頼んだ6か月後に、研究者は、「コントロールを装うために比較された優れた長期性能。」として5日間の越頭蓋のランダム・ノイズ刺激を受け取ったグループが示すことを知った。

Brain Stimulation Can Boost Math Skills

Written on May 17, 2013 – 7:26 pm | by Insurance
Editor’s Choice
Academic Journal
Main Category: Neurology / Neuroscience
Also Included In: Biology / Biochemistry
Article Date: 17 May 2013 – 11:00 PDT

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。