on-the-time.jp

2013年05月17日

イスラエル軍強制徴兵制度に対する超正統派ユダヤ教ユダヤ人の集団抗議。

BBC Newsは、何千もの超正統派ユダヤ教ユダヤ人(ultra-Orthodox Jews)が、イスラエル軍で貢献することをコミュニティーのメンバーに強いる計画に対してエルサレムで抗議したと報告した。

ボトル、石および煙手投げ弾が警察に投げつけられた後、数人の人々が逮捕された。

抗議者と警察は衝突の中でけがをしました。

超正統派ユダヤ教のイスラエル人は、隊務から現在免除されている。
その一方で彼らは宗派または、宗教学校かyeshivasで勉強している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

世俗的なイスラエル人はこれに反対している。
また、計画はそれらを徴募するために作られている。

隊務は、ほとんどのイスラエル人が18歳のときに強制的である。
また、男性および女性2〜3年服役する。

しかし、多くの超正統派ユダヤ教のイスラエル男性が、宗教研究中の成年期に多くを過ごしている。

すべて伝統的に着用された、黒いコートおよび帽子を着たHaredi(超正統派)ユダヤ人によって、少なくとも15,000人、木曜夜のMekor Barukh Harediのそばに軍リクルート室のまわりの通りに押し入った。

いくつかの評価は、はるかに高い抗議者の数と言った。

それらは全国サービスをそれらの学生のために強制的にする徴兵法へのどんな変更にも厳密に反対する、2つの超正統派ユダヤ教の党派によって抗議するために呼ばれた。

ラビ・デービッド・ジチャーマン(Rabbi David Zychermanが群衆に、「政府は[私たちの伝統]を根絶し、私たちを世俗化したい、それらはそれをるつぼと呼びます、しかし、人々は溶かされることができません。」
「あなたは私たちの[生活様式]を変更することができません。」と伝えた。

抗議者は祈願および歌で、「すべての上のユダヤ人のトーラー・バイブル!(the Torah [Jewish Bible] above everything!)」と言いました。

また、「軍隊はイェシバー生徒を連れて行かないだろう。」と、AFP通信社が報告した。

いくらかが警察にミサイルを投げつけて、ごみ箱に火を付け、暴力は噴出した。

その場の写真は顔の傷からの血液を流す警官と血まみれにされた鼻のHaredi人を示した。

超正統派ユダヤ教のもののための免除の問題は、イスラエルで1月の選挙で大きな話題になった。

軍で貢献するようにHaredi学生に要求した中道派および世俗的な党は、多くの支援を受けて、政府に加わった。

超正統派ユダヤ教は、1948年に設立されて以来、隊務から免除されている。

それらは、現在イスラエルの人口の約10%をになる。
また、2011年には、それが37,000人の超正統派ユダヤ教の男性に関して評価され、yeshivasの中で勉強しており、したがって、軍隊で勤務していなかった。

少数のHaredi人は、既にIDF(Israel Defence Forcesイスラエル国防軍)の中で貢献している。

昨年、イスラエルの最高裁判所は、免除が違憲で、新しい法律の計画が審議中である、と裁決した。

超正統派ユダヤ教ユダヤ人の子供までが、エルサレムでわれわれに注意をしてくるので、私は観光客だからというと、イスラエルに来たらイスラエルに従えと、こざかしいことを言ってくる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告