on-the-time.jp

2013年05月17日

AndroidとiOSは、2013年第1四半期出荷の92%。

mobile World Liveは、調査会社IDC(International Data Corporation/インターナショナル・データ・コーポレーション)からの情報として、主要なオペレーティング・システムがさらに市場に対するそれらの支配力を強くし、AndroidとiOSは2013年第1四半期に、世界的なスマートフォンの出荷で、92%を占めたと報告した。

2012年第1四半期のAndroidとiOSの占有率は82%であったことから、占有率を上げたことが明らかになっている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ノキアは、2013年第1四半期に、ウィンドウズ・フォン(Windows Phone)出荷79%を占め、合計2000万台のスマートフォンを出荷した、とIDCが言った。

IDCは、BB(BlackBerry/ブラックベリー)は、4番目のスポットに落ち、出荷量が35%減ったが、それにもかかわらず、肯定的なニュースを見た。

2013年第1四半期に、新しいBB10 OSの有効性は、100万台のスマートフォンをより多く送られた。

しかしながら、大多数のその出荷は、まだ割引値段でしばしば売られているより古いBB7 OSに基づいていた。

ブラックベリーが2012年第1四半期の6.4%から下降して2.9%で、マイクロソフトは、ウィンドウズ・フォンの市場占有率が、そのシェアを備えた反対方向に率い、以前の年に2%比較して、2013年第1四半期に3.2%に達した。

2つの支配的なオペレーティング・システム間で、アンドロイドは、1年前のその市場占有率59%から上昇して、75%に達すると共に、ナンバーワンのスポットに対するその支配力を増加させた。

iOSのシェアは23%から17%まで傾いたが、2013年第1四半期が常にアップルのiPhoneのための出荷で大量だった、とIDCが言った。

IDCの携帯電話チームの研究管理者ラモン・ラーマズ(Ramon Llamas, research manager with IDC’s mobile phone team)が「アンドロイドとiOSは、第1・四半期のスマートフォンの大半を越えるものを説明しました。しかし、他のプラットフォームのより接近している検査は、ターンアラウンドで、選択肢の需要を明らかにしています」と言った。

2013-02-15---四半期で、スマートフォンの90%以上がアンドロイドとiOSで占めた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告