AD SPACE

2013-05-16

ダン・ブラウンの最新の本は、ダンテの地獄から来ている。

BBC Newsは2013年05月16日に、「ダ・ビンチ・コード(Da Vinci Code)」や「失われたシンボル(Lost Symbol)」のベストセラー作家ダン・ブラウン(Dan Brown)は、虚構の象徴学者ロバート・ラングドン(Robert Langdon)に関する新しい物語「地獄(Inferno)」をたずさえて戻って来たと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

今回、ダン・ブラウンには、人口過剰の世界で疫病を前へ送り込む前に、必死に致命的なウィルスを追跡するハーバード・ヒーローがいる。

彼の新しい本は、イタリアの詩人の地獄による想像された旅行のアカウントである「ダンテの地獄(Dante's Inferno)」からそのタイトルとテーマを借りてきている。

本に関するイギリスで最初のテレビ・インタビューで彼は、Newsnightのクリスティ・ワーク(Kirsty Wark)に、彼が創作上の行き詰まりで、彼自身の個人的な地獄を経験した方法として、彼はさかさまに首を吊ることによって明らかに取り除いたと、伝えた。

ただし、ダン・ブラウンのこれまでの著作のトリックは、少し幼稚であった。
それが改良されていることを祈るが、残念ながらヨーロッパの歴史をアメリカ人が書くと、いつも同じ問題が指摘される。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE