on-the-time.jp

2013-05-16

ベルリンのバービー人形の家は、ファンと敵対者で大混乱。

BBC Newsは、ベルリンのアレクサンダー広場(Berlin's Alexanderplatz square)の近くにできた大邸宅ののバービー人形家「The Barbie Dreamhouse Experience」は、バービー・ファッションと家具でいっぱいと報告した。

建物はバービー人形のために作られた小さな人形の家がモデル化され、1959年に始められて以来、世界で最もポピュラーな玩具のうちの1つになっている。

[AD] You can advertise on this site.

その魅力は、キッチン、狭い通路、カラオケ段階、およびバービー人形にある別の手回り品の多くと共に、サッカー場の約半分のサイズである。

ヨーロッパの他の都市に移る3か月以上前にのために、家はオープンしている。

ショー上の何百もの展覧品のうちの1つ冬そりで、6歳のグループが楽しんできた。

フェミニスト・グループはバービー人形ステレオタイプ女性と言って、魅力に反対している。

この人は泉で燃えている十字架像を投げ込むことにより抗議した。

もう一人の抗議者は、Femenグループから、燃えている十字架像にバービー人形を付けた。

100ガロンのピンクのペンキはベルリン設置の中で使用された。

1人の抗議者は、「誘惑、かわいらしさ、長いまつ毛を備えた大規模な目およびとりわけ外観のすべてをピンクが表わした。」とドイツのラジオに伝えた。

ディズニーもそうだが、まさにキッチ!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.