AD SPACE

2013-05-16

神は、雲で生活しているという考えを人々はいつ止めたか!?

BBC Newsは、人々は、本を買うために、ブロックのまわりでめったに列を作らない。

そして、買うことができなかったので、この前に首相が本のために出版者に尋ねなければならなかったのは、いつだったか?

哲学者で、作家、旧聖職者のマーク・ヴァーノン(Mark Vernon)は、神に信用できる物語(story of Honest To God.)について話している。

それが50年前の1963年の春に起こった。

「Honest to God」と呼ばれる本は、出版されて、嵐を引き起こした。

その本は17言語に翻訳され、100万発行された。

[AD] You can advertise on this site.

その本の著者は、英国国教会の聖職者ジョン・ロビンソン(Church of England clergyman, John Robinson)で、南ロンドンのウリッジでビショップ(bishop of Woolwich)をしていた。

2、3年前に、彼は「チャタレー夫人の恋人(Lady Chatterley's Lover)」の出版を禁止しようとした試みで「神聖な親交の行為(an act of holy communion)」として性別について記述した。

それは物議をかもした。
また、ひとつにはそれが倫理学の革命を要求したので、彼の本は特に離婚上で読まれた。

しかし、そのページに音声を見つけた集合意識に、より深い変化があった。

新聞オブザーヴァー(Observer)の記憶すべきヘッドラインは、
「Our Image of God Must Go(神の私たちのイメージは行くに違いありません。)」と、それをよく掴んでいた

人々は、それが解放を思うことと知った。

現在、ケンブリッジ大学の教授サラ・コックリー(Sarah Coakley, now a professor at Cambridge University)は、神学を結局彼女の経歴にした。

「ロビンソン]は優れた教育者でした」と彼女が言った。

「彼は私たちに学生を尋ね続けました『今、どんな問題、これはなぜ重要ですか?』」
何千の中で、るアメリカの福音のリーダーであるロブ・ベル(Rob Bell)は、同様に感じた。

「私は、その本がどれくらい影響したかあなたに伝えさえすることができません。」と彼は言った。

彼は、私たちが日常茶飯事のミステリーを話すことを可能にするいくつかのもの、私たちが神の新しいイメージを必要とするとまた信じている。

ロビンソンにとって、問題は、我々が「ここの下にいる。」という。そして、まるで雲にいるように、神が「そこの上にいる。」という確信であった。
科学はその世界観を破壊した。
代わりに、彼はこの世で神を捜した。

つまり、神を物理的に理解しようとして、概念が根底から崩れた。
雲は水蒸気で、人は乗れない!

それは同時に、セックスという不可解な行為が、論理で解決できなくなった。

2012-10-17---エマニエル夫人の女優が、死去!
2011-10-26---「セックスの喜び」は、これまでどのように説明されたか!
2007-09-29---米国の発禁本週間の写真がflickrで公開!
1969-11-15---作家の伊藤整が死去した。
1960-11-02---「チャタレイ夫人の恋」に無罪判決が出された。
1960-09-08---「チャタレイ夫人の恋」でペンギン・ブックス社が告発された。
1950-06-26---「チャタレー夫人の恋人」の翻訳が猥褻容疑摘発された。
1905-01-16---作家の伊藤整が生まれた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.