on-the-time.jp

2013-05-16

日本経済は、回復サイン!

BBC Newsは、世界で3番目の経済である日本経済は1年で最も迅速な歩みで拡張し、景気回復のサインを示すと報告した。

国内総生産は、3.5%の年賦金が算定されたレートを示して、前の四半期と比較して、3月までの3か月で0.9%成長した。

それが景気後退から出現したとともに、日本は2012年の終わりに1%のレートで成長した。

アナリストは、それが安倍晋三首相(Minister Shinzo Abe)の積極的な景気刺激策で良い成績通知表(report card )であると言った。

[AD] You can advertise on this site.

7月の参議院選が、楽しみである。

「日本経済は回復への正しい方向に向かっています」と日本総研の松村秀樹副主任研究員(Hideki Matsumura, from the Japan Research Institute)が言った。

彼は、回復する輸出品と同様に主な理由として、日本の株価での集合の後ろで、個々の支出のジャンプを引用した。

松村秀樹副主任研究員は、「経済がAbenomicsのインパクトのおかげでさらに今のところ成長すると予想される」と、日本の大きな政府支出および積極的な日本銀行の金融緩和を備えた停滞経済を刺激する安倍晋三首相の試みに与えられた名前を参照して付け加えた。

政策転換はデフレを打つことを目指した。
日本経済はほとんど20年間それを受け続けてきた。

それらはよりよい取り引きをあくまで要求する傾向があるとともに、低下する価格は、支出からビジネスと消費者を防止した。

日本銀行は、通貨価値を押し下げて、通貨供給量にしたがって円を送り込んだ。

それは日本の会社を海外市場においてより競争率を高め、それらの本国へ送還された利益の値を増加させているようにして、輸出会社を助けた。

円は昨年11月以来ずっとその約4分の1の値を失っている。
また、投資家が会社のために急いでより大きな潜在収益力を利用するとともに、それは日本の株価の中で、それは日本の株で大きな集合にも至った。

主な日経225インデックス(Nikkei 225 index)は、今年45%上昇した。

3.5%の成長率は、日本が0.9%収縮したユーロ圏と同様に、1月〜3月期に2.5%を拡張した米国追い越していることを意味する。

しかし、回復を保持することができるかどうか疑問視して、何人かのアナリストはより用心深かった。

日本は上昇期の2008年に、不動産取引の失敗による米国金融破綻に巻き込まれた。

それらは会社支出を指した。
それは増加の期待にもかかわらず3か月で0.7%落ちた。

何人かのアナリストは、それが改善された景況感にもかかわらず、投資を押し上げるのを日本の会社がまだためらったというサインであると言った。

会社に費やすように説得することは、デフレから国を引っぱり出すことは、安倍晋三首相の計画の重要な部分でもある。

日本の会社が社員の給料を上げないと、失敗する。

政府が支援し、会社が無駄に利益をむさぼると言う構図が、もっとも危険である。

2013-05-16---ホンダ社長、 F1復帰へ!目標は「勝つこと。」
2013-05-15---日経平均株価は、2008年以来が初めて15,000円を超えた!
2013-05-15---進む円安は、中国の痛手。「通貨戦」で中国は敗れたか!?
2013-05-12---日本がG7から了承を得た後、日経は上昇。
2013-05-07---世界の投資資金が日本株への流入、過去10年で最高。
2013-04-18---日本の報告書は、貿易赤字の新記録を発表。
2013-04-16---韓国、経済成長に拍車をかけるUS$153億の刺激策。
2013-04-02---何が日本の電子巨人の身にふりかかっているのか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.