2013-05-15

死と背中合わせの隠された「美」。顕微鏡で見た芸術。

BBC Newsは、クリスティーン・ラコブジオ=ドナヒュー博士(Dr Christine Iacobuzio-Donahue)は最初に睾丸癌のサンプルを見ていたが、極度に疾病を顕微鏡で最大化され、奇妙な美を所有することに気がついたと言ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

パターンと色は現代美術を彼女に思い出させ、それらが研究所に向かって、博物館の壁で見たのと同じくらいちょうど適しているように見えたと言っている。

クリスティーン・ラコブジオ=ドナヒュー博士は、医療写真家ノーマン・ベイカー(medical photographer Norman Baker)に本「Hidden Beauty: Exploring the Aesthetics of Medical Science」の制作に協力した。

本の主なゴールのうちの1つは美しい疾病が、現実に、どのように私たちの体をむちゃくちゃにするか、その終了を調べることができるかのを調査することであった。

まさに、美しいものには毒があるとも言える。

昔、朝日新聞科学部記者による、「美の座標」というシリーズを取材したとき、ある、断片を見たが、これはまさにそれは、死と背中合わせの隠された「美」であった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE