gaYa広告

2013年05月15日

死と背中合わせの隠された「美」。顕微鏡で見た芸術。

BBC Newsは、クリスティーン・ラコブジオ=ドナヒュー博士(Dr Christine Iacobuzio-Donahue)は最初に睾丸癌のサンプルを見ていたが、極度に疾病を顕微鏡で最大化され、奇妙な美を所有することに気がついたと言ったと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

パターンと色は現代美術を彼女に思い出させ、それらが研究所に向かって、博物館の壁で見たのと同じくらいちょうど適しているように見えたと言っている。

クリスティーン・ラコブジオ=ドナヒュー博士は、医療写真家ノーマン・ベイカー(medical photographer Norman Baker)に本「Hidden Beauty: Exploring the Aesthetics of Medical Science」の制作に協力した。

本の主なゴールのうちの1つは美しい疾病が、現実に、どのように私たちの体をむちゃくちゃにするか、その終了を調べることができるかのを調査することであった。

まさに、美しいものには毒があるとも言える。

昔、朝日新聞科学部記者による、「美の座標」というシリーズを取材したとき、ある、断片を見たが、これはまさにそれは、死と背中合わせの隠された「美」であった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告