on-the-time.jp

2013-05-15

映画で見ると、宇宙は最後のフロンティアではない。

AP通信は、ポップコーン、スコッティーを放射して、ISS(International Space Station/宇宙ステーション)の乗組員は、地球人の前に映画「スタートレック(Star Trek)」を見ると報告した。

新しい映画「スタートレック」を見ることで、国際宇宙ステーションの乗組員は、誰も以前に行ったことがないところに行く。

[AD] You can advertise on this site.

無重力ではなく、3Dでそれを見て、木曜日に地球でオープンする数日前に、3人の宇宙飛行士は、「暗さの中へのスタートレック(Star Trek Into Darkness)」のピークを盗んで提示された。

NASAのスポークスマンであるリー・ハンフリーズ(NASA spokesman Kelly Humphries)は火曜日に、月曜日に2人のロシア人とアメリカ人であった。

それは、ラップトップ上でそれを見る機会を与えた。

彼らが、その映画を見たかどうかは不明瞭であった。

米国宇宙飛行士クリス・キャシディー(U.S. astronaut Chris Cassidy)は、Google+で木曜日に、映画スタークリス・ピン(Chris Pine)、アリス・イブ(Alice Eve)、ジョン・チョー(John Cho)と監督、映画台本作家の中で、参加した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.