AD SPACE

2013-05-16

インドの規則に関するFundamoの主要な心配事。

モバイル・マネー

mobile World Liveは、モバイル・マネー・サービスが可能なインドで、モバイル・マネーのプラットホーム・ベンダーで、VisaがオーナーのFundamoのCEOハネス・ヴァン・レンスブルグ(Hannes Van Rensburg)が、インドの規則によって阻止されていると報告した。

mobile World Liveのインタビューで、彼は、市場としてインドを引用し、セクターの将来の成長の鍵であるが、彼はその規定する状況のまわりに「1ビット気遣っている(a bit apprehensive)」と言った。

[AD] You can advertise on this site.

多くの最近のイニシアチブのうちの1つで、注意をインドでモバイルの金融市場にもたらしたボーダフォン(Vodafone)は、m-Pesaサービスを始める。

「それらの規則は規定しすぎます。それらは、生態系を働かせることは目指していませんが、コントロールを行うつもりでした。」
ハネス・ヴァン・レンスブルグは、「そこで、規定する観点から、そこである種類の突破口でなければならない。」と言った。
例として、彼は、銀行口座を開くことがどれくらい厄介かを指摘し、ドキュメンテーションと形式を1レベル必要とす充満で、彼は、それは潜在的消費者を思いとどまらせると考えている。

ハネス・ヴァン・レンスブルグは、モバイル・マネー・サービスのグローバルな吸上げ通風管が1億人の加入者であると推測した。

インドが出発し、インドネシアとナイジェリアから小さな援助を受ければ、それは5年で5億に達するかもしれない。と彼が言った。

今回は、その欠如は問題であるように見えるが、規則はさらにラテンアメリカにおける障害であった。

ハネス・ヴァン・レンスブルグは、金融サービスを提供するように彼らのネットワークにアクセスしたいサービス・プロバイダーにいくつかの携帯電話会社が過度の料金を請求すると言った。

携帯電話会社は、チャージが膨張することを意味する層をなした料金体系を使用する。

「私は、それは競争抑止的なことの端にあると思います。」と彼が言った。

「これは私見です。しかし、それらにライセンスがあるので、誰かがどこかに、それらのオペレーターを試合開始させるべきです。それは事態を行かせる大きな障壁です。」と言っている。

携帯電話会社が、銀行を買収しようとしているが、携帯電話会社が過度の料金を請求すると、全体が沈滞化することだろう。
携帯電話会社が、銀行を買収し、銀行事業を根底から改革しないと、泥沼から金融機関は這い出せない。

2009-06-15---新興成長市場で、10億人が携帯電話は持っているが銀行口座が無かった!
2009-10-31---米軍より先にiPhoneを採用したタリバン!
2010-04-22---新しいプリペイド携帯電話の戦い!
2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!
2012-10-23---ビザの調査レポートは、モバイル・マネー・サービスの需要を明らかにした。
2012-12-28---パキスタンのモバイル・バンキング、第3四半期に180万人達成!
2013-01-01---インドは、貧弱な人のために、送金計画を伸ばす。
2013-02-13---ビザは、銀行のない金銭プラットフォームを始めた。
2013-02-27---世界で活発なモバイル・マネー・ユーザーが、2012年に3000万人を突破!
2013-03-11---貧弱なユーザー経験はモバイル・ペイメントを阻止しています?
2013-03-13---パキスタンのモバイル・マネー着手に、Fundamoを選択。
2013-03-22---ビザは、デジタル財布の計画を軽視。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.