AD SPACE

2013-05-16

バスキアの「合成ヘロイン常用者」が、US$4880万で売れた。

AP通信は、落書き芸術家ジャン=ミッシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat/zhahn mee-SHEHL' BAH'-skee-aht)の絵画「Dustheads(合成ヘロイン常用者)」は、ニューヨークのクリスティーで戦後の現代芸術の販売で新しいオークション記録を作ったと報告した。

クリスティー(Christie's)は、「Dustheads」がUS$4880万で水曜日に売れたと言った。

[AD] You can advertise on this site.

昨年の11月に、彼の「Untitled,(表題がない)」、黒人の漁師の絵画がUS$2640万で売れたが、その前歴を保持した。

さらに芸術家のための世界競売値段を壊すのは作品ロイ・リキテンシュタイン(Roy Lichtenstein)とジャクスン・ポロック(Jackson Pollock)であった。

リクテンスタインの「Woman with Flowered Hat(花で飾られた帽子を持った女性)」は、US$5600万で売れた。

ポップ・アートの典型例として、1963年の絵画は、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)の恋人Dora Maarの肖像に基づいた。

ポロック「Number 19(ナンバー19)」による重要な点滴画は記録的なUS$5830万を実現した。

クリスティーの2013年05月15日水曜のオークションはUS$4億9500万の利益を生み、任意のアート・オークションで最も高い合計を記録した。

最近、クリスティーが好成績を記録している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.