2013-05-15

ブラックホールを動力とするジェットは、銀河を軽く打つ。

NASAは、超大質量ブラックホールは、巨大なパワーを生成するために、銀河の極度の重力をどのように軽く打つことができるかを例証した合成画像を公開した。

この画像は、NASAのチャンドラX線観測衛星の電波からのX線のデータを青、ハッブル宇宙望遠鏡で得られた光学的な画像を金、NSFの超大型電波干渉計のデータをピンクで表現して合成された。

この多重波長視界は4C+29.30を示している。
この銀河は地球から約8億5000万光年の位置にある。
電波放出は、銀河の中心は時速数百万マイルで、超大質量ブラックホールから離れてスピードを上げている粒子の2つのジェットから来ている。
ブラックホールの評価された質量は、私たちの太陽の質量の約1億倍である。
ジェットの端は、電波放出のより大きなエリアとして、銀河の外部にあることを示している。

X線データは、高温ガスの位置をトレースして、この銀河の異なる様相を示している。
画像の中心にある明るいX線は、ブラックホールのまわりの100万度のガスのプールをマークする。
このマテリアルのうちのいくらかは、ブラックホールと磁化されたものによって、ブラックホールの近くのガスの渦はできる、順番に、ラジオ・ジェットへのより多くの出力を引き起こし、結局消費されるかもしれない。

ブラックホールの近辺からのほとんどの低エネルギーX線は、恐らくブラックホールのまわりの巨大なドーナツの形にほこりとガスによって吸収される。
このドーナツ、またはトーラス(torus)は、ブラックホールの近くで出力された光学の光をすべて閉鎖する。したがって、天文学者はこのれを隠された(hidden black hole)か埋められたブラックホール(buried black hole)と呼んでいる。
画像で見られた光学の光は銀河中の星からである。

Image Credit: NASA

このドーナッツの穴(hole)には何があるのか?
ジェットの端で、電波放出のより大きなエリアでは、何が起こっているのか?