AD SPACE

2013-05-16

ホンダ社長、 F1復帰へ!目標は「勝つこと。」

日本経済新聞は、ホンダ(の伊東孝紳社長は2013年05月16日に、自動車レースの最高峰フォーミュラ・ワン(F1)シリーズに、2015年に復帰すると正式発表し、記者会見で、目標について「勝つことだ」と強調したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

「今まで味わってきた歴史、経験から考えるとレースは勝たなければいけない。今回はそれを強く意識しながら活動していきたい。」と話した。

参戦にかかる費用に関しては、「言えるような内容ではないので、ご容赦願いたい」と述べるにとどめた。
F1参戦の決定については「社内で議論を尽くし、取締役会も全員一致でこの事業に関しては承認してもらっている」と説明した。

また、2015年をめどにイギリスのレーシングチーム・マクラーレンに新型エンジンを提供する。
ホンダは1964年にF1に初参戦後、活動休止と参戦を繰り返してきた。
休止はそれぞれ第1次石油危機、バブル経済崩壊など日本の景気の波とも重なる。最近では2008年の金融危機後に休止していた。

ホンダのF1参戦の歴史
▽1960年代
1964年---西ドイツグランプリでF1初参戦
1965年---メキシコグランプリで初優勝
1968年---シーズン終了後休止
▽1980年代
1983年---エンジン供給で再参戦
1984年---ウィリアムズとエンジン供給契約を結びウィリアムズホンダで本格参戦
1987年---鈴鹿サーキットにF1を招致
1988年---マクラーレンホンダが16戦中15勝と圧勝
▽1990年代
1992年---シーズン終了後休止
▽2000年代
2000年---F1に復帰
ブリティッシュアメリカンレーシングにエンジン供給及び車体を共同開発
2006年---38年ぶりにホンダ単独チーム体制に
ハンガリーグランプリで39年ぶりに優勝
08年---シーズン終了後休止
▽2010年代
2013年---F1復帰を正式発表
2015年をめどにマクラーレンにエンジン提供

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE