2013-05-15

日経平均株価は、2008年以来が初めて15,000円を超えた!

BBC Newsは、円が弱まり続けるので、日本の平均株価は2008年1月以来初めて15,000円を過ぎて上昇して、輸出業者のための潜在収益力を押し上げていると報告した。

水曜日に、自動車製造業者トヨタおよび電子工業大手ソニーが収益をリードして、ベンチマーク日経平均株価は2.3%上昇して15,096になりった。

日経は、2013年のスタート以来46%上昇した。

日本銀行は、日本円を弱める積極的な計画に乗り出した。

資金が本国へ送還される場合、より弱い日本円は会社のためのより高い所得に形を変える。

さらに、それはそれらの製品を海外へより競争率が高くする。

日本円は、米ドル(アジアのおよそ102マルクの取引)に対する4.5年の低値にある。

安倍晋三首相が昨年12月に就任して以来、通貨は20%以上落ちた。

安倍首相は日本銀行の超金融緩和政策を支持した。
それは日本のシステムに、より多くのお金を注ぎ込むことを要求した。

通貨を弱めることを、その動きは目指すだけでなく、消費者価格を上げられている。

日本経済は、価格、デフレとして知られていた価格で、ほぼ20年間と戦ってきた、それらがよりよい取り引きをあくまで要求するとともに、会社と消費者によって支出を落胆させた。

好調な海外売上高によって運転されて、それがUS$9億4600万のレコード平年度純益を計上した後、いすゞ自動車のシェアは、21%上昇した。

会社がその娯楽産業で、20%まで分離独立し、その苦闘しているエレクトロニクスを支えるために資金を使用するべきであることを会社の最も大きな株主のうちの1人が提案した後、ソニー・シェアはさらに急増している。

2013-05-15---進む円安は、中国の痛手。「通貨戦」で中国は敗れたか!?
2013-05-12---日本がG7から了承を得た後、日経は上昇。
2013-05-07---世界の投資資金が日本株への流入、過去10年で最高。
2013-04-18---日本の報告書は、貿易赤字の新記録を発表。
2013-04-16---韓国、経済成長に拍車をかけるUS$153億の刺激策。
2013-04-02---何が日本の電子巨人の身にふりかかっているのか?